不育症検査費用に対する助成を始めます

代表連絡先 健康医療部  保健医療室地域保健課  母子グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6698
メールアドレス:chiikihoken-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp>

提供日

2021年6月29日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、検査に要する費用の一部助成を開始します。

1 対象者
以下の要件をすべて満たす方
(1)不育症検査実施日時点において、大阪府内※(大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、枚方市、八尾市、寝屋川市及び東大阪市を除く。)に住所を有していること
(2)2回以上の流産、死産の既往があること
※大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、枚方市、八尾市、寝屋川市及び東大阪市にお住まいの方は同様の助成制度を実施している場合があります。 各自治体あてお問合せください。

2 対象となる検査
令和3年度に受けた以下の要件をすべて満たす検査
(1)先進医療として告示されている不育症検査(流産検体を用いた染色体検査)
(2)上記検査を実施する医療機関として、厚生労働省に承認等された保険医療機関※で実施する検査
  (各医療機関が承認等された日以降に実施した検査に限ります。詳しくは各医療機関にご確認ください。)

   ※保険医療機関の一覧は関連ホームページ「厚生労働省ホームページ(先進医療を実施している医療機関の一覧)」の【先進医療A 25番(流産検体を用いた染色体検査)】をご確認ください。

3 助成額
1回の検査につき5万円まで
※入院室料(差額ベッド代等)、食事療養費、文書料等の直接関係ない費用は対象外です。

関連ホームページ

厚生労働省ホームページ(先進医療を実施している医療機関の一覧)

 

大阪府不育症検査費用助成事業について

添付資料

大阪府・大阪市不育症検査費用助成事業実施リーフレット(令和3年7月版) (Pdfファイル、235KB)

資料提供ID

41635

ここまで本文です。