大阪府立花の文化園の施設管理運営方策に関するサウンディング型市場調査の実施について

代表連絡先 環境農林水産部  農政室推進課  地産地消推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9590
メールアドレス:CHISAN-CHISHOU@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年6月7日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府立花の文化園は、平成2年に開催された「国際花と緑の博覧会」の理念を継承し、府民の花きに関する理解の場として同年9月、河内長野市に開園しました。
 開園以来、450万人を超える来園者にご利用いただき、一年中色鮮やかな草花が咲き誇る植物園として、子どもから大人まで多くの方々に親しまれてきました。一方、開園から30年以上が経過し、施設の老朽化等も進み、来園者の減少などが課題となっています。
 今後、これらの課題を解決するとともに、「2025年大阪・関西万博」やポストコロナ社会、SDGsなどの視点から、新たな時代のニーズに応える施設として、機能の充実等を図りたいと考えています。

 

 ついては、花の文化園の活性化に向けて、民間事業者の自由で柔軟かつ実現可能なアイデアのご提案をいただくため、下記のとおりサウンディング型市場調査を実施しますので、是非ご参加ください。
 なお、本調査結果を参考に、令和4年度に実施予定の次期指定管理者の公募条件を整理することとしています。

 

※サウンディング型市場調査
 大阪府の資産の有効活用や施策検討にあたって、検討の早い段階で、企業等の「個別対話」により、企業の皆様から幅広く提案・意見を求める市場調査のこと。

 

 1 対象施設
   大阪府立花の文化園(河内長野市高向2292番地の1)

 

 2 募集提案内容
  (1)園内施設等を活用して実施できる取組
    ・形状を維持するエリア
    ・形状は維持するが自主事業用の改修等を可能とするエリア
    ・形状を変更し自主事業が実施できるエリア
  (2)開園時間等について
    ・開園時間について
    ・施設利用料(入園料等)について
    ・利便性向上策について など
  (3)事業収支の見込み等について
    ・投資を踏まえた管理運営期間 など
  (4)その他
    ・周辺集客施設と連携した取組
    ・府内花き生産者や流通業者と連携した取組
    ・脱炭素(CO2削減)の実現に向けた取組 など

 

 3 対象者
  花の文化園の管理運営業務を実施する意向のある民間事業者、NPO法人等(以下「法人等」という。)、または複数の法人が構成するグループ(業種、業態を問いません)。

 

 4 スケジュール
  (1)実施要領の配布
     配布開始:令和3年6月7日(月曜日)より
     配布方法:関連ホームページよりダウンロードしてください
  (2)調査の参加方法
     受付期間:令和3年6月28日(月曜日)から7月30日(金曜日)まで
     申込方法:所定の様式等に必要事項を記入し、電子メールにて送付してください
           ※メールアドレス及び様式は関連ホームページに掲載しています
  (3)調査の実施期間
     実施期間:令和3年7月12日(月曜日)から8月11日(水曜日)まで
     実施方法:対話は原則として「MicrosoftTeamsによるオンライン会議」で行います
           ※障がい等のある方で、参加にあたり配慮を希望する方は事前にご相談ください。

 

 5 その他
  ・ご提案いただいた内容は、取りまとめの上、概要を関連ホームページにて公表いたします。
  ・なお、提案者名及び知的財産権・企業ノウハウに係る内容は原則非公開となります。
  ・本調査の参加は、今後実施する予定の指定管理者決定における応募条件及び評価の対象になるものではありません。
  ・その他詳細につきましては、関連ホームページに掲載の実施要領をご覧ください。

関連ホームページ

大阪府立花の文化園の施設運営方策に関するサウンディング型市場調査の実施について(実施要領はこちら)

資料提供ID

41536

ここまで本文です。