高齢者施設等「スマホ検査センター」における検体の回収遅延について

代表連絡先 福祉部  地域福祉推進室地域福祉課  地域福祉支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6657
メールアドレス:chiikifukushi-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年5月31日

提供時間

14時0分

内容

 高齢者施設等「スマホ検査センター」(以下「スマホ検査センター」という。)において、検査事業者の回収が遅れたために検査結果の判明まで時間を要する事案が発生しました。
 このような事案が生じたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

 

1.概要
施設から提出された1名分の検体について、翌日に回収し、翌々日に結果判明となるべきところ、検体の回収が遅れたため、3日後の結果判明となった。

 

2.経過
○令和3年5月6日(木曜日)   
・19時頃、施設が検査事業者の設置するスマホ検査センターの検体回収拠点(以下「サテライト」という。)(※1)に検体を提出。検査事業者の担当者がサテライトにて検体を受領(※2)。
○令和3年5月10日(月曜日)
・施設からスマホ検査センターの運営本部(以下「本部」という。)に検査結果の問合わせがあり、本部にてサテライトに提出された検体について確認したところ、サテライトに当該検体があり、未回収であることが判明。
・本部から施設に経緯を説明の上、当該検体の検査を実施。
○令和3年5月11日(火曜日)  
・府から施設に検査結果を伝え、経緯を説明し、謝罪。
○令和3年5月24日(月曜日)
・府から当該施設に再発防止策を説明し、了承を得た。

(※1)検体の回収拠点は、検査事業者とスマホ検査センターの運営事業者がそれぞれ設置しており、本事案については、検査事業者が設置するサテライトにおいて発生した。
(※2)サテライトは9時から19時30分まで開所。17時までに受領した検体は当日中に、17時以降に受領した検体は翌日に回収され、検査機関へ送付される。

 

3.原因
○サテライトで受領した検体の保管場所が、他の資材等に紛れやすい場所であり、担当者が検体に気づかなかった。
○サテライトでは、マニュアルでは検体受領後すぐにシステムに入力することとなっていたが、17時以降、検体受領後のシステム入力をしておらず、当該検体については翌日も入力されなかったため、本部が行う未回収検体のシステム点検で当該検体を把握できなかった。

 

4.再発防止策
検査事業者に対して、下記の対策の確認及び指導を行った。
○検体が他の資材等と混在することがないよう、専用の保管場所を設置したことを確認。
○マニュアルどおり、検体受領後速やかにシステム入力することを徹底するよう指導。
○上記改善点について、検査事業者において確認体制が整備されるとともに、サテライト業務に従事する職員に周知徹底したことを確認。

 

関連ホームページ

高齢者施設等「スマホ検査センター」の利用について

資料提供ID

41512

ここまで本文です。