新型コロナウイルス感染症差別集中相談月間(6月)について

新型コロナウイルスを理由とした不当な差別やいじめを受けられた方は一人で悩まずにご相談ください

代表連絡先 府民文化部  人権局人権擁護課  擁護・調整グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9284
メールアドレス:jinken-g02@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年5月27日

提供時間

14時0分

内容

 新型コロナウイルス感染症に感染された方やそのご家族、患者の生命を守るため最前線で奮闘されている医療従事者など、社会生活を支える仕事をしているエッセンシャルワーカーと言われる方への差別や偏見は決して許されません。

 大阪府では、「大阪府人権相談窓口」(一般財団法人大阪府人権協会が受託事業として運営)において、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別やいじめにあった場合などの相談を受け付けており、このたび、6月を「新型コロナウイルス感染症差別集中相談月間」として、相談の充実を図ることといたしました。

 新型コロナウイルス感染症を理由とした不当な差別やいじめを受けられた方は、一人で悩まず、まずはご相談ください。


■新型コロナウイルス感染症差別集中相談月間中の相談について

(1)相談日時
  令和3年6月1日(火曜日)から6月30日(水曜日)のうち、
・平日相談 月曜日から金曜日 午前9時30分から午後5時30分
・夜間相談 毎週火曜日     午後5時30分から午後8時
・休日相談 6月27日(日曜日) 午前9時30分から午後5時30分

(2)実施方法
・電話、メール、ファクシミリ、手紙、面接

 電話:06-6581-8634
 メール:so-dan@jinken-osaka.jp
 ファクシミリ:06-6581-8614
 手紙:〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル8階 一般財団法人大阪府人権協会内
  面接:面接を希望する場合は事前に大阪府人権相談窓口へ電話・メール・ファクシミリでの連絡をお願いします。また、障がい等により配慮を希望される場合は、併せてご相談ください。

SDGs「10 人や国の不平等をなくそう」


 大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市を目指しています。
 本事業は、SDGsに掲げる17のゴールのうち、「10 人や国の不平等をなくそう」のゴール達成に寄与するものです。

関連ホームページ

新型コロナウイルス感染症に関連する人権の尊重について

資料提供ID

41462

ここまで本文です。