個人情報の記載された書類の紛失について

代表連絡先 政策企画部  危機管理室災害対策課  企画調整・宿泊療養施設運営グループ
ダイヤルイン番号:06-4397-3529
メールアドレス:kikikanri@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年4月30日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府が新型コロナウイルス感染症軽症者等に対して実施する宿泊療養施設等への移送業務を委託する事業者(以下、「事業者」という。)において、個人情報が記載された書類「搬送情報シート」(以下、「書類」という。)を誤って紛失するという事案が発生いたしました。
 このような事案が生じたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

1.書類に記載されていた個人情報
 ・療養者氏名、性別、電話番号、搬送先宿泊療養施設、PCR検査結果(1名分)

2.経過
〇令和3年4月23日(金曜日)
 ・搬送従事者が療養者を搬送車で迎えに行く際、換気のため運転席と助手席の窓を全開の状態で走行。
 ・橋の上を走行中、突風を受けたことにより助手席に置いていた書類を束ねたファイルが開いたため、すぐに窓を閉め、橋を渡りきった所で停車してファイルの中身を確認。書類のうち1枚だけ見当たらないことが判明。
 ・搬送従事者はすぐに引き返して路上を確認したが、当該書類を発見できなかったため、事業者の管理担当者に連絡。その後、府へ書類の紛失を報告。
 ・府職員及び事業者が橋の周辺を捜索するも当該書類を発見できなかった。
 ・府職員及び事業者が当該紛失事案にかかる療養者に宿泊療養施設で面会し、事情説明及び謝罪を行い、本人より了承を得た。

3.紛失の原因
 ・事業者において、個人情報資料に関する認識や、管理が不十分であった。また、紙媒体で管理していたことにより、物理的な紛失リスクを防ぐことができなかった。

4.再発防止策
 府は事業者に対し、今後、下記のとおり適正な業務執行を行うよう指導し、管理を徹底する。
 ・事業者は搬送従事者全員に対し、研修等を通じて個人情報の管理、個人情報保護の重要性について改めて周知徹底する。
 ・搬送従事者は個人情報資料を紙媒体で受領せず、パスワード設定された社用の電子端末で管理する。電子端末に保存された個人情報は、搬送業務終了後、事業者の個人情報保護取扱責任者の確認を受け削除する。
 また、府は、他の事業者に関しても搬送事業者に対する個人情報の適正な取扱いを行うよう注意喚起を行うとともに、所属内職員に対して本件事案を周知し、個人情報の適正な取扱いを行うよう注意喚起を行う。

資料提供ID

41307

ここまで本文です。