「NPO等活動支援によるコロナ禍における社会課題解決事業」令和3年度採択事業のクラウドファンディングを開始しました

代表連絡先 政策企画部  企画室推進課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6205
メールアドレス:kikaku@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年5月12日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、新型コロナの影響で顕在化した社会的な課題に対して、「誰一人取り残さない」というSDGsの理念を踏まえ、民間資金提供先(一般財団法人 村上財団)とNPO等との協働により地域の課題解決を図る取組みを実施しています。

 このたび、令和3年度採択事業について、各団体がクラウドファンディングを開始しました。
 本事業では、クラウドファンディングにより調達した資金と同額が村上財団から資金提供されます。
 一人でも多くの方の参加をお待ちしております。
 
★ クラウドファンディングページは、関連ホームページ「NPO等活動支援による社会課題解決事業(大阪府事業HP)」をご確認ください。
  また、令和3年度事業を紹介する動画について、関連ホームページ「事業紹介動画(YouTube)」からご覧ください。
 
■ 一般財団法人 泉北のまちと暮らしを考える財団 【目標金額:250万円】
 泉北ニュータウンの子どもたちの社会的孤立を支える!子ども食堂ゴーストキッチンサポート事業
 
  ・子どもの居場所づくりを行う団体が調理の拠点として活用できるシェアキッチンを整備
  ・24時間使える地域のフードバンクも整備
 
■ 認定NPO法人 育て上げネット 【目標金額:500万円】
 おおさか10代給付型職業訓練・就職支援事業「テンセイ・キャンプ」
 
  ・コロナ禍で失業、収入減が顕著な10代の若者にIT分野の知識・技術獲得と就職支援を実施
  ・職業訓練中の生活を給付により支援
 
■ 一般財団法人 大阪労働協会 【目標金額:500万円】
 外国人留学生向け成果型追加時給支援制度「OHINERI(オヒネリ)」
 
  ・日本人同様、コロナ禍で仕事を喪失し、生活に困窮している外国人留学生を救う
  ・勤務成果に応じ、追加給を支給する制度を創設
 
■ NPO法人 関西こども文化協会 【目標金額:450万円】 
 コロナ禍の孤立や不安から子どもたちを守るチャット相談事業
 
  ・コロナ禍で不安やストレスを抱える子どもたちのため、チャット相談事業を実施
  ・支援団体と連携し、孤立する子どもにアプローチ
 
■ NPO法人 Silent Voice 【目標金額:300万円】
 大阪府下のろう児・難聴児とその家族への出張型・オンライン支援プロジェクト
 
  ・コロナ禍のマスク着用で口の形を読めなくなり、ろう児・難聴児のコミュニケーションが難化
  ・出張教室やオンラインを活用し学びの場を提供

 

  国連では、2030年までの開発目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。本取組みは、SDGsに掲げる17のゴールのうち以下のゴールの達成に寄与するものです。

 

ゴール1ゴール17アイコン

関連ホームページ

NPO等活動支援による社会課題解決事業(大阪府事業HP)

 

事業紹介動画(YouTube)

 

令和3年度採択事業決定の報道発表資料(4月1日提供)

資料提供ID

41205

ここまで本文です。