報道発表資料検索


ライフサイエンススタートアップ・エコシステム検討事業の受託事業者が決定しました

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  調整グループ
ダイヤルイン番号:06-6115-8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年4月28日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、ライフサイエンス分野におけるスタートアップ・ベンチャーの起業及び成長を促進するため、彩都・健都・中之島(未来医療国際拠点)が連携したエコシステムのあり方について検討する「ライフサイエンススタートアップ・エコシステム検討事業」を実施します。
 このたび、本事業について、公募型プロポーザル方式により提案募集を行った結果、下記のとおり事業者を選定しましたのでお知らせします。


1 選定事業者(受託事業者)


  有限責任監査法人 トーマツ 大阪事務所

  
 
2 選定理由


 選定委員会で審査した結果、最優秀提案事業者は、検討のアプローチ手法、豊富な経験、充実した人員体制が総合的に評価され、府としても、最優秀提案事業者が本事業を遂行するにあたり最も適切であると判断し、受託事業者として選定した。


(参考)

(1)提案事業者 全2者(受付順)


   有限責任監査法人 トーマツ 大阪事務所
   株式会社 ダン計画研究所
 

(2)選定委員会における選定結果及び評価(主な意見)

   最優秀提案事業者
    有限責任監査法人 トーマツ 大阪事務所
   総合評価点
    77点 (うち企画提案部分 67.3点、価格提案部分 9.7点)
   提案金額
     5,412,000円   ※提案事業者が2者のため、次点者の評価点及び提案金額は公表しません。

  選定委員会で審査した結果、最優秀提案事業者は、検討にあたり、文献調査による体系化、定量分析、ヒアリング調査など、多面的なアプローチ手法を用いることとしており、より優れた提案がなされた。
  また、最優秀提案事業者は、スタートアップ支援に関する豊富な経験を有しており、また、本事業において充実した人員体制を予定している点で事業に取り組む高い意欲がうかがえ、これらを総合的に勘案し最優秀提案事業者とした。


(3)選定委員会委員(五十音順)

 

所属・役職氏 名選任理由
F&Link株式会社 公認会計士新生 雅則企業会計や経営の専門家としての知見を活用し、提案者の経営状況・財務状況を審査していただくため。
NPO法人 
バイオグリッドセンター関西 理事
坂田 恒昭ライフサイエンス分野の現状、課題などについての豊富な知見に基づき、提案の実現性、実効性について審査いただくため。
国立大学法人大阪大学共創機構
渉外部門長
正城 敏博産学官連携、技術シーズの実用化についての経験を活かし、提案の実現性、実効性について審査いただくため。

関連ホームページ

ライフサイエンススタートアップ・エコシステム検討事業

資料提供ID

41197

ここまで本文です。