新型コロナウイルスの下水疫学調査(塩野義製薬株式会社と北海道大学の共同研究)への協力について

代表連絡先 健康医療部  健康医療総務課  企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-7625
メールアドレス:kenisomu@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年4月14日

提供時間

14時0分

内容

塩野義製薬株式会社から依頼のあった下水疫学調査について、大阪府として、以下のとおり、協力を行いますのでお知らせします。

 

 <塩野義製薬株式会社および北海道大学の行う研究の概要>

 (1)目的     下水疫学に基づき、新型コロナウイルス感染症の流行予測について、ウイルスの定量・変異解析を実施

 (2)期間     令和3年4月15日から6月14日

 (3)場所・頻度  大阪府流域下水処理場(下記処理場):流入下水を全平日サンプリング

            鴻池水みらいセンター(東大阪市)、川俣水みらいセンター(東大阪市)、

            今池水みらいセンター(松原市)、中央水みらいセンター(茨木市)、

            高槻水みらいセンター(高槻市)、渚水みらいセンター(枚方市)

            (ただし、渚は下水汚泥を火曜日・金曜日の週2回)

            大阪市内下水処理場(海老江、大野、津守、住之江)※:流入下水を週3回サンプリング

            ※大阪市の協力のもと採水

           なお,これまでに下水処理場の流入下水中から感染性を有するSARS-CoV-2が検出されたという報告はありません。

 (4)研究主体  塩野義製薬株式会社

 (5)技術開発  北海道大学・塩野義製薬株式会社

 

<府の協力内容>

(1) 下水処理場における採水協力

(2) 市町村ごとの新規陽性者数(公表ベース)の提供

(3) 府の感染状況の把握に繋がる有効性を確認

(4) その他必要事項

 

 <研究に関する問い合わせ先>

塩野義製薬株式会社 広報部

電話番号:06-6209-7885

資料提供ID

41190

ここまで本文です。