報道発表資料検索


第8回 中国(上海)国際技術輸出入交易会(上交会)への大阪ブース出展について

府内水素関連企業のビジネス拡大をめざし、全国自治体で唯一の出展

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室国際ビジネス・企業誘致課  ビジネスグローバル化支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9818
メールアドレス:global@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年4月15日

提供時間

14時0分

内容

このたび、中国(上海市)で開催される「第8回中国(上海)国際技術輸出入交易会(上交会)」に大阪府と上海市の友好交流提携が40周年を迎えたことを記念して、全国の自治体で唯一「大阪ブース」を出展します。

大阪ブースは、府内水素関連企業のビジネス拡大を目的として、大阪府上海事務所が出展の企画調整を行い、府内水素関連企業10社と共同で設置をするものです。大阪の優れた水素関連の技術を中国現地で発信することにより、府内企業の海外事業展開や販路開拓を支援します。

【開催概要】

1 日時:2021年4月15日(木曜日)から17日(土曜日)まで

2 場所:上海万博展覧館(中国)

3 出展企業(五十音順):岩谷産業株式会社、株式会社加地テック、株式会社小西金型工学、

  新コスモス電機(上海)有限公司、高石工業株式会社、鶴賀電機株式会社、株式会社テクノ高槻、

  日東新能源(蘇州)有限公司・上海分公司/日東(中国)新材料、日立造船株式会社、

  山里産業株式会社

4 主催:中国商務部、科学技術部、国家知的所有権局及び上海市政府


上交会は、中国中央政府と上海市政府が共同で開催する大型展示会で、イノベーションによる発展や知的財産権の保護をテーマとして、2019年には日本を含む16以上の国と地域から916社が出展し、約6万人が来場しました(2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催延期)。

中国では、水素社会の構築に向け、中央・地方政府に加え、民間企業の動きが活発化しています。

中国の熱気を府内に取り込み、府内企業のビジネス拡大やイノベーション創出を促進するとともに、2025年大阪・関西万博に向け、水素など大阪の最先端技術を国内外に発信していきます。

関連ホームページ

第8回中国(上海)国際技術輸出入交易会(中国語)

資料提供ID

41128

ここまで本文です。