教職員の処分について

代表連絡先 教育庁  教職員室教職員人事課  管理・公務災害グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6896
メールアドレス:kyoshokujinji-01@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年3月26日

提供時間

16時0分

内容

大阪府教育委員会は、以下のとおり、教職員の懲戒処分を行いましたのでお知らせします。


1 懲戒処分をした年月日
   令和3年3月26日


2 被処分者等

事案(1)

被処分者

府立高等学校・教諭(58歳)

処分内容

減給1月(10分の1)

処分理由 平成27年4月、教諭は、交通事故を起こして人を死亡させた。

事案(2)

被処分者

府立支援学校・事務長(60歳)

処分内容

減給3月(10分の1)

処分理由 事務長は、労働基準法に基づく時間外勤務・休日労働に関する協定書等に、決裁を得ずに校長印を押印し、また、労働者代表の個人印を無断で押印し、届け出た。
管理監督責任

校長(59歳)   厳重注意  

事案(3)

被処分者

府立高等学校・講師(36歳)

処分内容

戒告

処分理由  講師は、鉄道及び自転車を利用する通勤認定を受け、通勤手当を受給していたが、令和2年6月から12月までの間、自動車通勤し、通勤手当を不正に受給した。

事案(4)

被処分者

府立高等学校・教諭(35歳)

処分内容

減給4月(10分の1)

処分理由 教諭は、鉄道及びバスを利用する通勤認定を受け、通勤手当を受給していたが、令和元年11月から令和2年12月までの間のうち、9月間、自動車等で通勤を行い、通勤手当を不正に受給した。
管理監督責任

校長(57歳)   厳重注意   

事案(5)

被処分者

府立高等学校・教諭(30歳)

処分内容

停職3月

処分理由 教諭は、鉄道を利用する通勤認定を受け、通勤手当を受給していたが、令和2年4月から6月までの間、自動車通勤を行い、通勤手当を不正に受給した。
 また、教諭は、事案発覚後、校長から再三にわたり指導を受けたにもかかわらず、自動車通勤を行った。
 さらに、教諭は、生理休暇を不正に取得した。
管理監督責任

校長(60歳)   厳重注意  

事案(6)

被処分者

府立支援学校・教諭(33歳)

処分内容

停職6月

処分理由  教諭は、令和2年11月、大阪市の路上において、女性Aのスマートフォンを路面に叩きつけて損壊し、腹部を蹴る暴行を行った。
 また、教諭は、令和2年12月、女性Aの実家あてに手紙を送り、同月25日、ストーカー規制法の規定による禁止命令を受けた。
 さらに、教諭は、令和2年12月、女性BにLINEで脅迫する内容のメッセージを送信した。
 加えて、教諭は、過去に、欠勤により懲戒処分を受けていたにもかかわらず、令和2年12月から令和3年2月にかけて、合計4日2時間26分欠勤した。

事案(7)

被処分者

府立支援学校・講師(58歳)

処分内容

停職6月

処分理由 令和3年1月、公衆浴場内で成人男性の太腿及び股間を触る痴漢行為を行った。

 

【問い合わせ先】
 教育庁教職員人事課管理・公務災害グループ
 電話番号:06−6944−6896(直通)
 ファックス番号:06−6944−6897

資料提供ID

41029

ここまで本文です。