大阪府立学校等のいじめの重大事態に係る再調査委員会の調査結果について

代表連絡先 福祉部  子ども室子育て支援課  企画調整グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6677
メールアドレス:kosodateshien-g01@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年3月26日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府立学校で発生したいじめ重大事態について、いじめ防止対策推進法(以下「法」という。)及び大阪府附属機関条例に基づき、「大阪府立学校等のいじめの重大事態に係る再調査委員会」(以下「委員会」という。)を設置し、法第三十条第二項に規定する調査を実施しました。
 このたび、委員会から本日(令和3年3月26日)に答申(再調査報告書)を受け、その概要について別添のとおり取りまとめましたので、提供いたします。


(経緯)
・平成31年2月4日 知事より大阪府立学校等のいじめの重大事態に係る再調査委員会(以下「委員会」という。)に対し、大阪府立学校等のいじめの重大事態に係る再調査について諮問。
<諮問内容>
   1 第1期(平成27年6月22日から10月26日)不登校前の部活内におけるいじめ行為の有無
        について
  2 第1期(同上期間)不登校に対する1の影響の有無について
  3 1、2に対する学校の対応の問題点について
  4 再発防止の提言について
・令和3年3月26日 第34回委員会開催、知事に対し答申(再調査報告書)。


(参考)
いじめ防止対策推進法
第30条 地方公共団体が設置する学校は、第二十八条第一項各号に掲げる場合には、当該地方公共団体の教育委員会を通じて、重大事態が発生した旨を、当該地方公共団体の長に報告しなければならない。
2 前項の規定による報告を受けた地方公共団体の長は、当該報告に係る重大事態への対処又は当該重大事態と同種の事態の発生の防止のため必要があると認めるときは、附属機関を設けて調査を行う等の方法により、第二十八条第一項の規定による調査の結果について調査を行うことができる。

関連ホームページ

大阪府立学校等のいじめの重大事態に係る再調査委員会

 

大阪府附属機関条例

添付資料

いじめ重大事態に係る再調査報告書(概要) (Wordファイル、51KB)

 

いじめ重大事態に係る再調査報告書(概要) (Pdfファイル、298KB)

資料提供ID

40992

ここまで本文です。