ミニ・コロナ重症センター(新型コロナウイルス感染症重症患者専用施設)の病床整備計画案を募集します。

代表連絡先 健康医療部  保健医療室感染症対策支援課  病院支援第一グループ
ダイヤルイン番号:06-4397-3243
メールアドレス:coronataisaku01@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年3月11日

提供時間

13時20分

内容

 大阪府では新型コロナウイルス感染症の拡大に備えて病床確保に努めてきましたが、第3波において重症病床運用率が最大約87パーセントとなるなど、更なる重症病床の確保が必要となっています。そのため、令和3年度においては、別紙のとおり、広く府内の医療機関から「ミニ・コロナ重症センター」の病床整備計画案を募集し、必要となる施設整備に対して補助を行うための補助事業を検討しています。

つきましては、令和3年度予算が成立後に、速やかに交付申請手続きに移行できるよう、下記のとおり病床整備計画案を募集します。

  

【申請の概要】

 

1 募集する専用病棟の要件 (※以下の要件を全て満たすこと)

  ・既存の医療機関の敷地内または隣接する土地に仮設の新型コロナウイルス感染症の

    専用病棟を整備し、運営すること。

   ・重症病床10床以上を確保すること。

       (既存の受入医療機関については、現在の確保病床数に追加で確保すること)

   ・1日当たりの患者受入は、確保病床数の10分の1程度の受入を可能とすること。

    ・原則、設置から2年間常時運営を行うこと。

    ・必要となる人員については、自院(もしくは法人内)で確保すること。

  

2 検討している補助の内容 (※令和3年度予算が成立することが前提)

   専用病棟の建設費及び医療資器材等の整備費を補助対象とし、

   重症病床1床につき事業費総額5,000万円を補助上限とする。

     

3 整備予定の病床数

  重症病床  合計30床

  (予算額15億円)

  

4 スケジュール

3月11日     整備計画案の一次募集開始

3月26日     一次募集締切

3月31日     計画案を事前審査の上、補助対象候補決定

4月1日以降   補助事業の開始

               医療機関において施設整備を開始

10月目途      施設の運用開始(予定)

関連ホームページ

ミニ・コロナ重症センターの整備について

添付資料

ミニ・コロナ重症センター(新型コロナウイルス感染症重症患者専用施設)整備事業補助の概要(案) (Pdfファイル、390KB)

 

大阪府新型コロナウイルス感染症重症患者専用施設等整備事業補助金交付要領(案) (Pdfファイル、197KB)

 

病床整備計画(案) (Pdfファイル、106KB)

 

病床整備計画(案) (Wordファイル、25KB)

資料提供ID

40851

ここまで本文です。