報道発表資料検索


4月2日から「世界自閉症啓発デー」及び「発達障がい啓発週間」に関するイベントを開催します

代表連絡先 福祉部  障がい福祉室地域生活支援課  発達障がい児者支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6689
メールアドレス:HattatsuG@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2021年2月19日

提供時間

14時0分

内容

 毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。また、4月2日から8日までを「発達障がい啓発週間」として、全国各地で発達障がいの啓発のためのさまざまな取組が行われます。 

 大阪府では以下のイベントを開催するとともに、府や市町村においてポスターの掲示など自閉症をはじめとする「発達障がい」について理解を深めていただくための啓発活動を行いますのでお知らせします。
 

※発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2021」については、令和3年2月12日に報道提供している内容を改めて掲載しています。
 

〇府内の主要な建物等のブルーライトアップ

 大阪府内の主要な建物等を、「世界自閉症啓発デー」のシンボルカラーであるブルーにライトアップします。


日時:令和3年4月2日(金曜日)日没(午後6時30分頃)から午後12時まで

場所:大阪城天守閣、大阪府咲洲庁舎、大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)、
        天保山大観覧車、万博記念公園太陽の塔(50音順)

【各施設の終了時刻】
 大阪城天守閣 : 午後12時
 大阪府咲洲庁舎 : 午後11時
 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) : 午後9時半
 天保山大観覧車 : 営業終了時刻
 万博記念公園太陽の塔 : 午後11時
   
※実施場所や時刻は、新型コロナウイルス感染症の状況により変更となる可能性があります。

主催:一般社団法人大阪自閉スペクトラム症協会、大阪府、大阪市

共催:日本発達障害ネットワーク大阪

協力:株式会社海遊館、塩野義製薬株式会社



 
〇発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2021」

日時:令和3年4月8日(木曜日) 午後2時から午後4時30分まで

開催方法:オンライン形式 (Cisco Webex Meetings を使用予定)

講演: 

第1部 「全ての子どもたちの発達を支える仕組みづくり 多様性を認め支えあう社会へ」

講師:公益社団法人子どもの発達科学研究所 主席研究員

    大阪大学大学院連合小児発達科学研究科 特任講師

          和久田 学 (わくた まなぶ) 氏


第2部 「はじめて発達障がいの学生・就労者にかかわっていく上での基礎知識」

講師: はたらく人・学生のメンタルクリニック 院長

      西井 重超 (にしい しげき) 氏
 
 
参加費:無料(事前の参加申込が必要です)

定員:500名



申込方法:

 ・関連ホームページよりお申込をお願いします。

 ・聴覚障がい等があり配慮を希望される方は、インターネット申込画面の所定の欄に
   配慮の内容を具体的に記載してください。 


申込期間:令和3年2月12日(金曜日)午後2時から4月2日(金曜日)午後12時まで

 ※期間中に申込が定員に達した場合には、受付を締め切ります。


問い合わせ先:
大阪府 福祉部 障がい福祉室 地域生活支援課 発達障がい児者支援グループ
電話番号:06-6944-6689 
メールアドレス:HattatsuG@gbox.pref.osaka.lg.jp

共催:塩野義製薬株式会社

関連ホームページ

発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2021」をオンラインで開催します

 

大阪市/「世界自閉症啓発デー」のブルーライトアップ及び発達障がいに係る啓発活動を実施します

 

堺市/「世界自閉症啓発デー」及び「発達障害啓発週間」に関するイベントを開催します

添付資料

発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2021」案内(PDFファイル) (Pdfファイル、1669KB)

資料提供ID

40660

ここまで本文です。