個人情報(電子メールアドレス)の流出について

代表連絡先 教育庁  私学課  小中高振興グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9274
メールアドレス:shigakudaigaku-g01@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年12月7日

提供時間

14時0分

内容

 私学課において、府内私立学校の担当者に対し、生徒数に関する調査依頼(以下、調査依頼という。)を電子メールで送信する際、送信先の電子メールアドレスを記載した一覧表を誤って添付するという事案が発生しました。

このような事態を招きましたことを深くお詫び申し上げますとともに、今後再発防止に取り組んでまいります。

 

1.流出した電子メールアドレス及び個人情報

・調査依頼を送信した電子メールアドレス51件(19法人)

・上記のうち、個人が識別できる可能性がある電子メールアドレス28件

 

2.事案の経緯

 令和2年12月2日(水曜日)

 ○ 午後1時8分

・学校法人の担当者に対して、安心一斉送信システム(※)を利用し、調査依頼の電子メールを送信。

 

※安心一斉送信システム

外部の複数の宛先へ電子メールの一斉送信を行う場合に、庁外の複数の相手先に個別に送信する庁内システム。

 

 ○ 午後1時12分

・担当者は担当者自身を宛先に含めて電子メールを送信していたため、電子メールを確認したところ、本来は添付する必要のない送信先の電子メールアドレス(各学校担当者の組織内での電子メールアドレス)を記載した一覧表を誤って添付していたことが判明。

 

・調査依頼の送信先全てに対し、謝罪したうえで、送信済の電子メールの削除を依頼する電子メールを送信。 

 

令和2年12月3日(木曜日)

 ○ 午後11時30分頃

・19法人全てに対し、改めて電話により、状況説明、謝罪及び電子メールの削除の確認依頼を行い、全ての法人から既に削除済みであるとの回答を得た。

 

3.流出の原因

・調査依頼に必要な資料と宛先一覧表をパソコンの同じフォルダ内に配置したことから、メールに資料として添付する必要のない宛先一覧表を誤って電子メールに添付し送信した。

 

4.再発防止策

・宛先一覧表を使用する場合は、宛先一覧表と添付する資料とを同じフォルダに配置することがないように徹底する。

・安心一斉送信システムを利用し、ファイルを添付して庁外に電子メールを送信する際は、送信する前に必ず複数人で添付ファイルの確認を行うことを徹底する。

・同様の事案が発生しないよう、所属内で本件事案を周知するとともに、再発防止策を共有する。

 

資料提供ID

40023

ここまで本文です。