個人情報が記載された文書の流出について

代表連絡先 教育庁  教育振興室高等学校課  教務グループ
ダイヤルイン番号:06-6946-2387
メールアドレス:kotogakko-g02sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年12月4日

提供時間

14時0分

内容

 府立茨木西高等学校において、「成績会議資料(※1)」が誤って教材プリントの裏面に印刷された状態で配付されたため、個人情報が流出するという事案が発生しました。このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

(※1)生徒の学習状況を教員間で共有するための会議資料

 

 1 本件に係る個人情報

   (1)生徒氏名、学年、組、成績情報 

   (2)学校生活に関する情報

    (1)のみに係る生徒数 45名

    (2)のみに係る生徒数 1名

    (1)と(2)に係る生徒数 9名

 

 2 事案の経緯

   令和2年10月23日(金曜日)

    ・担当の教員Aが、成績会議資料の作成にあたり、両面に情報を印刷するため、給紙トレイに片面を印刷した用紙を入れて印刷したが、給紙トレイに成績会議資料が1枚残っていることに気づかず、残った状態となっていた。

    ・その後、印刷機を使用した教員Bも給紙トレイに残ったその1枚の用紙に気づかないまま、その用紙の裏に教材プリントを印刷。

     ※教員Bは印刷後、教材プリントを半分に裁断し、2枚に成績会議資料が印刷された状態となった。

   令和2年11月5日(木曜日)・6日(金曜日)

    ・教員Bが授業において、教材プリントを配付した。

   令和2年11月7日(土曜日)

    ・生徒が持ち帰った教材プリントに個人情報が印刷されていることに気づき、教員Cに申し出、本事案が判明した。

   令和2年11月7日(土曜日)から10日(火曜日) 

    ・もう1枚は、配付した生徒全員からプリントを回収したが、発見できなかった。

    ・全教員で校内の職員室や教室のゴミ箱等を捜索したが発見に至らなかった。

   令和2年11月11日(水曜日)から17日(火曜日)

    ・当該の生徒55名の保護者に対して、電話等により、本事案について謝罪と経緯の説明を行った。

   令和2年11月19日(木曜日)

    ・全校生徒に対して、本事案について謝罪と経緯説明を行い、保護者あてに謝罪文を配付した。

   令和2年11月24日(火曜日)

    ・保護者説明会を実施し、本事案について謝罪と経緯説明を行った。

 

 3 原因

   ・担当教員Aが、成績会議資料を印刷する際、個人情報を記載した用紙が印刷機に残っていないかどうかの確認を怠り、片面印刷しかできない印刷機での両面印刷時の注意が徹底されていなかった。

 

 4 再発防止策

   ・当該校において、成績会議資料等の個人情報を含む資料を印刷する際には、複数で作業し、作業後印刷機に残部がないか確認するなど個人情報の適正管理を徹底する。

   ・片面印刷用の印刷機で両面印刷を行う場合の注意事項を改めて徹底する。

   ・当該校において、校内研修等により本事案を共有し、個人情報の管理について、教職員の意識を高める。

   ・教育庁において、全府立学校に本件を周知し、生徒の成績情報等の取扱いについて、改めて注意喚起を行う。

資料提供ID

39892

ここまで本文です。