政治資金収支報告書の領収書等の写しの紛失及び徴取漏れについて

代表連絡先 選挙管理委員会事務局  選挙管理委員会事務局  選挙グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-9118
メールアドレス:shichoson-g27@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年11月26日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府選挙管理委員会事務局において、政治資金収支報告書(※)の添付書類である個人情報が記載された領収書等も含む写しの紛失及び徴取漏れが判明いたしました。
 このような事態が生じたことを深くお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。
 ※政治資金収支報告書は、政治資金規正法により政治団体が収入・支出、保有する資産等を報告する書類であり、都道府県選挙管理委員会等への提出が義務付けられています。
 なお、同報告書の添付書類として一定の支出に関しては領収書等の写しの提出が必要になります。
 

1 領収書等の写しの紛失及び徴取漏れが判明した団体数
○領収書等の写しの紛失が判明したもの:15団体分
  ※領収書等の写しに、個人名、印影等の個人情報が記載されている可能性がある。
○領収書等の写しの徴取漏れが判明したもの:のべ9団体分
(各年で重複があるため実数としては6団体)
 

2 経過
○令和2年10月21日(水曜日)
平成30年受理の政治団体Aの領収書等の写しの確認が必要となったため、所定の保管場所を確認したところ、見当たらないことが判明。
○令和2年10月22日(木曜日)から30日(金曜日)まで
執務室等を捜索したが発見できなかった。
○令和2年11月2日(月曜日)
政治団体Aの会計責任者等に紛失について謝罪、了承いただいた上、領収書等の写しの再提出を依頼した。
○令和2年11月2日(月曜日)から10日(火曜日)まで
同様の事案がないか保存期限内(平成29年から令和2年受理分)の収支報告書(10,141件)の中から領収書等の写しが添付されていない団体の収支報告書を抽出し、添付が必要な支出がないかの調査を行ったところ、政治団体Aの他にのべ23団体分の領収書等の写しが見当たらないことが判明した。これを受けて、保存期限内の全ての収支報告書(10,141件)及び領収書等の写し(4,225件)について、改めて捜索したが発見できなかった。
○令和2年11月13日(金曜日)から19日(木曜日)まで
政治団体A以外ののべ23団体の会計責任者等に謝罪し、了承いただいた上、領収書等の写しの再提出を依頼した。
なお、謝罪の際に聞き取りを行った結果、のべ9団体分については、受理時に領収書等の写しを徴取していなかったことが判明し、14団体については紛失していたことが判明した。
 

3 原因
○紛失した15団体分は、受理後に書類を分類又は保管する際に誤って他の書類と混在又は誤廃棄等により紛失してしまった可能性が高い。
 *領収書等の写しは庁舎外に持ち出すことがない書類であり、外部への流出の可能性は低い。
○徴取漏れののべ9団体分は、受理時の領収書等の写しの提出が必要かどうかの確認漏れにより領収書等の写しを徴取していなかった。
 

4 再発防止策
○受理簿に受け取った書類を記載する欄を追記するなど、受理簿の改定を行う。
○書類の管理簿を新たに作成し、書類保管後の持ち出しや返却を記録することで管理の徹底を図る。
○受理マニュアルの見直しを行い、領収書等の写しの提出が必要かどうかの確認方法を追記することで徴取漏れを防止する。
○事務局内で個人情報保護に関する研修を行い、個人情報保護の重要性を再認識させ、適正な取り扱いを徹底する。

資料提供ID

39721

ここまで本文です。