教職員の処分について

代表連絡先 教育庁  教職員室教職員人事課  管理・公務災害グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6896
メールアドレス:kyoshokujinji-01@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年9月18日

提供時間

15時0分

内容

大阪府教育委員会は、以下のとおり、教職員の懲戒処分を行いましたのでお知らせします。


1 懲戒処分をした年月日
   令和2年9月18日


2 被処分者等

事案(1)

被処分者

和泉市立小学校・校長(60歳)

処分内容

戒告

処分理由 平成30年4月から10月まで、学校内でいじめが生起していたにもかかわらず、いじめの早期発見及び防止への取組みが不適切であった。

事案(2)

被処分者

府立支援学校・教諭(43歳)

処分内容

減給3月(10分の1)

処分理由

 平成27年5月から令和2年6月までの間、公共交通機関を利用する通勤認定を受け、通勤手当を受給しながら、自転車での通勤を行い、通勤手当を不正に受給した。

管理監督責任

校長(58歳) 訓告

事案(3)

被処分者

府立高等学校・主事(65歳)

処分内容

減給6月(10分の1)

処分理由

  教員が生徒指導のために既に購入していた書籍の代金を公費で補填するため、平成29年2月、業者に対し、当該書籍の架空の請求書等の作成を依頼し、代金を振り込んだ。また、当該業者から代金相当額の金銭4,650円を受領し、当該金銭を当該教員に渡した。

事案(4)

被処分者

府立高等学校・実習助手(44歳)

処分内容

停職4月

処分理由

 平成26年度から平成29年度にかけて、特別休暇である子の看護特別休暇について虚偽の申請を計11回、繰り返した。また、平成29年3月から令和元年6月にかけて、計8回、虚偽の届出を行い、計5,840円、出張旅費を不正に受給するなどした。

管理監督責任

校長A(58歳) 厳重注意
校長B(58歳) 厳重注意

 

【問い合わせ先】
 教育庁教職員人事課管理・公務災害グループ
 電話番号:06−6944−6896(直通)
 ファックス番号:06−6944−6897

資料提供ID

39364

ここまで本文です。