道路占用料の過誤徴収について

代表連絡先 都市整備部  道路室道路環境課  管理グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6789
メールアドレス:kotsudoro-g12@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年8月12日

提供時間

14時0分

内容

  茨木土木事務所において、道路占用に伴う占用料の算定に誤りがあり、占用料を過誤徴収していた事案が判明しました。
  このような事案が発生したことを深くお詫び申し上げると共に、再発防止に向けて取り組んでまいります。


  過誤徴収した占用許可件数及び金額等
  1件 過誤徴収額701,360円、還付加算金4,300円(令和元年度及び令和2年度分) 

  1 事案の経過

  ○令和2年7月17日(金曜日)
 茨木土木事務所が道路高架下において工事用仮設詰所の占用許可を受けている占用者Aから、請求を受けた占用料が高額すぎるのではないかとの指摘を受けて調査したところ、占用料の算定誤りが判明。
 当該占用者に対してお詫びし、占用料を訂正のうえ、改めて請求を行った。

  ○令和2年7月17日(金曜日)から27日(月曜日)
  同様の誤りがないか、全土木事務所の調査をしたところ、過誤徴収が1件判明。

  ○令和2年7月30日(木曜日)
  当該占用者Bにお詫びし、速やかに還付する旨をお伝えしてご理解をいただいた。

  ○令和2年8月12日(水曜日)
  占用者Bに還付。


   2 発生の原因
 道路占用許可の手続きを処理するためシステムに入力する際に、占用物件の種別を誤って選択したことにより、算定に誤りが生じて、過誤徴収となった。

   3 今後の対応
 システムへの誤入力を防ぐため、道路占用許可の手続きマニュアルに、占用物件ごとの選択すべき占用種別を明記する。
 また、職員の認識を深めるため、担当職員向けに管理業務にかかる研修を開催することによって、再発防止に努める。

資料提供ID

38956

ここまで本文です。