児童扶養手当の過誤払いの請求誤りについて

代表連絡先 福祉部  子ども室家庭支援課  貸付・手当グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-7532
メールアドレス:kateishien-g01@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年7月31日

提供時間

14時0分

内容

 家庭支援課において、児童扶養手当(※)の公的年金の受給及び事実婚の判明に係る過誤払金の請求が誤っていたことが判明しました。
 このような事態を招いたことを深くお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に努めてまいります。

 

 (※)
  児童扶養手当制度は、離婚・死別・遺棄などの理由でひとり親世帯となられた家庭の生活の安定と

 自立の促進のため、要件を満たす場合に支給される給付金です。
  過去に遡って公的年金等を受給した場合や、支給要件に該当しなくなった場合、既に支給した児

 童扶養手当と差し引きし、手当支払日より5年未経過分まで遡り過誤払い分を返還していただきます。

 

1 事案の概要
 1、2件目においては、児童扶養手当の受給者から公的年金を過去に遡って受給した旨の届があった。システムで児童扶養手当の過誤払い金額の算定を行っているため、受給期間をシステム入力したところ、誤った期間を入力したため、児童扶養手当受給者に誤った過誤払いの期間及び金額を通知した。
 3件目から7件目においては、過誤払いの返還請求を改めて確認したところ、時効の解釈を誤り、過誤払いの期間及び金額を誤って通知していた。

 

 件数:7件
     誤った期間   誤った金額
1件目 4か月分不足  168,000円過少
2件目 15か月分不足  468,470円過少
3件目 1か月分不足  47,000円過少
4件目 4か月分超過  169,480円過大
5件目 7か月分超過  289,730円過大
6件目 30か月分超過  1,362,720円過大
7件目 8か月分超過  333,760円過大

 

2 経過
 1件目
  令和2年2月28日
   受給者がA役場に公的年金給付等受給状況届を提出した。
  令和2年3月31日
   担当者が公的年金の受給期間をシステムに入力後、過誤払金額を受給者に通知。

  令和2年6月15日
   過誤払金の返還請求をしようとした際、受給期間と過誤払金額が合わないことが判明。

   確認したところ、公的年金の受給期間をシステム入力する際に平成26年度分からと

   入力すべきところ、誤って平成27年度と入力していたことが判明した。

  令和2年6月18日
   受給者に経過と返還について説明、謝罪し、了解を得た。   

 

 2件目
  令和元年8月7日
   受給者がB役場に令和元年度児童扶養手当現況届を提出した。

  令和元年12月13日
      担当者が公的年金の受給期間をシステム入力した。

  令和2年6月16日
   1件目の誤りが判明したため、現在の児童扶養手当の受給者のうち、公的年金の受給者全員を

   点検した。その結果、本2件目について年金の受給期間をシステム入力する際に、平成30年度

   分からと入力すべきところ、誤って令和元年度と入力していたため、システム上、過誤払い

   なしとなり、返還通知をしていなかったことが判明した。
  令和2年6月17日
   受給者に経過と返還について説明、謝罪し、了解を得た。

 

 3件目から7件目
  令和2年6月30日から令和2年7月9日
   上記2件の誤りがあったことから、改めて文書保存期限内の時効の適用があった過誤払い

   事案を点検したところ、時効の解釈を誤り、過誤払金を過少又は過大に通知していた事案

   が5件あることが判明した。
  令和2年7月6日から令和2年7月22日
   受給者4名に経過と返還について説明、謝罪し、了解を得た。
  令和2年7月22日
   電話連絡がつかない受給者1名に経過と返還について説明、謝罪する文書を送付した。

 

 なお、1から3件目は児童扶養手当の返還前であったため、再度正しい過誤払金額を通知した。4から7件目は未返還額があるため、過大に請求していた分の返還は生じていない。

 

3 原因及び問題点
  1・2件目は、公的年金の受給期間に関するシステム入力方法がマニュアルに具体的に明記

 されておらず、入力方法が周知されていなかった。

  3から7件目は、時効に係る正しい解釈が担当職員間で共有されていなかった。
 
4 再発防止策
 ・公的年金の詳細な入力方法及び時効の解釈とその根拠を入力マニュアルに追記し、

  それぞれに関する誤りやすい項目をまとめたチェックリストを新たに作成したうえで、

  担当職員全員に周知する。

 ・入力マニュアルとチェックリストに基づき、過誤払いの期間及び金額を複数人で確認することを

  徹底する。

資料提供ID

38869

ここまで本文です。