【検討終了】「行財政改革推進プラン(案)」の策定


概要(説明)

 これまでの改革の取り組みを継承・発展しつつ、マネジメント改革や新たな発想・視点による事業展開などを軸に、今後の行財政改革の基本方針を柱とする「行財政改革推進プラン(案)」(平成27年度から29年度の3か年計画)を策定します。



 関連リンクはこちら

発端は何?

 これまで、大阪府では、平成20年に財政再建プログラム(案)、平成22年に財政構造改革プラン(案)を策定し、行財政改革を進めてきました。これまでの継続的な行財政改革の取り組みを通じ、一定の経済見通しの下、財政再建の道筋は見えつつありますが、直面する3か年については、730億円から200億円の単年度要対応額が見込まれるなど、依然厳しい状況にあります。一方、人口構造はじめ大阪府を取り巻く状況が大きく変化していくなか、新たな課題にも的確に対応していく必要があります。

寄せられたご意見

「行財政改革推進プラン(素案)」に対する府民意見等の募集結果について



今後の予定は?

平成30年度からは、本プラン(案)に掲げた「組み換え(シフト)」と「強みを束ねる」を改革の視点として引き継いだ「行政経営の取組み」を毎年度公表することとします。



どこまで進んでいるの?

会議の状況 議会・庁内会議 府外団体等会議
部長会議 2014年5月12日
副知事会議 2014年8月29日
大阪府戦略本部会議 2014年9月3日
大阪府戦略本部会議 2015年2月10日
平成27年2月定例会本会議 2015年3月17日

ホーム > 施策プロセスの見える化 > 【検討終了】「行財政改革推進プラン(案)」の策定

ここまで本文です。