平成30年5月22日から府内セブン-イレブンにおいて大阪産(もん)を使用した麻婆茄子丼が販売されました

更新日:平成30年7月30日

  株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと弊府は、包括連携協定(平成22年12月15日付けで締結)に基づき、健康、地域活性化、高齢者雇用など幅広い分野で連携と協働を進めています。こうした取組みの一環として、大阪産(もん)である今が旬の「大阪なす」を使用した麻婆茄子丼を地域限定・期間限定で販売いただきます。「大阪なす」は南河内地域の特産であり、中長で柔らかく色鮮やかであることが特徴です。ぜひ、この機会に大阪自慢の「大阪なす」をお楽しみください。

○「大阪なすの麻婆茄子丼」について
     ・販売期間
   平成30年5月22日(火)から6月11日(月)(予定)  ※なくなり次第終了
  
     ・販売店舗
   府内171店舗(「店舗リスト」 [PDFファイル/117KB]

 また、5月11日(金)には あすかてくるで河内長野店(河内長野市)にて、 「大阪なすの麻婆茄子丼」試食会を開催し、セブン-イレブン・ジャパンをはじめ、JA大阪南、富田林市、河南町の関係者にご登壇いただき、大阪なすや商品についてご説明いただきました。

※大阪産について(http://www.pref.osaka.lg.jp/ryutai/osaka_mon/index.html

                          「大阪なす」を使用した麻婆茄子丼     当日の様子                                                             

                                         大阪なすの麻婆茄子丼                                   5月11日「大阪なすの麻婆茄子丼」試食会

このページの作成所属
財務部 行政経営課 公民連携グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 公民戦略連携デスクにようこそ! > 平成30年5月22日から府内セブン-イレブンにおいて大阪産(もん)を使用した麻婆茄子丼が販売されました