令和元年11月27日 府立豊中高等学校能勢分校において、積水ハウス株式会社によるスペシャル授業を実施しました!

更新日:令和2年2月28日

   このたび、大阪府と包括連携協定を締結している積水ハウス株式会社のご協力のもと、府立豊中高等学校能勢分校において「積水ハウス株式会社が取り組むTrip Base 道の駅プロジェクトについて」と題してスペシャル授業をしていただきました。
   各地域の自治体等とも連携し、「道の駅」をハブにした、「地域の魅力を渡り歩く旅」を提案する地方創生事業「Trip Base道の駅プロジェクト」を展開している積水ハウス株式会社。当日は、このプロジェクトの推進責任者である同社トリップベース事業推進室長の栗崎修一様より、 1・2年生全員を対象に、 1時間のご講演をいただきました。普段聞けない、スケールの大きい内容に、参加した生徒たちは真剣に聞き入っていました。
    公民戦略連携デスクでは、今後も、こうした企業・大学との公民連携の取組みを推進してまいります。

Trip Base(トリップベース)道の駅プロジェクト(外部サイト)

積水ハウス栗崎氏   授業の様子

このページの作成所属
財務部 行政経営課 公民連携グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 公民戦略連携デスクにようこそ! > 令和元年11月27日 府立豊中高等学校能勢分校において、積水ハウス株式会社によるスペシャル授業を実施しました!