平成30年4月1日 働き方改革の一環として、フリーアドレスを導入しました!

更新日:平成30年6月7日

平成30年4月1日 働き方改革の一環として、フリーアドレスを導入しました!

 公民戦略連携デスクでは、仕事の質を高め、生産性の向上を図る働き方改革の一環として、今年度(平成30年4月1日)より「フリーアドレス」を導入しました。フリーアドレスとは、職員一人ひとりに固定した席を割り当てず、仕事の状況に応じて空いている席やオープンスペースを自由に使用し、柔軟かつ効率的に業務を進めるワークスタイルのことです。
 フリーアドレス導入にあたっては、通常はオフィス家具やOA機器の入れ替えが必須ですが、デスクでは、これまで使用していた机・椅子を最大限活用し、コストを一切かけずに開始しました。
 導入した結果、職階を超えた交流が常に自然と生まれるなど、「働きやすさ」や「業務スピードの向上」などのメリットが生まれています。
 また、業務終了後は、資料を個人用ロッカーに収納するため、机周辺に資料が散乱することがなくなり、職場内が常に片付いた状態になります。
 さらに共有書類のファイリングが徹底されるとともに、資料を電子化するよう心がけるため、オフィスのペーパーレス化にも効果が出ています。
 これからも、業務の効率化に向けた働き方改革に前向きに取り組みます。

         フリーアドレス導入前の様子           フリーアドレス導入後の様子
                  「フリーアドレス導入前」                                「フリーアドレス導入後」 

このページの作成所属
財務部 行政経営課 公民連携グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 公民戦略連携デスクにようこそ! > 平成30年4月1日 働き方改革の一環として、フリーアドレスを導入しました!