府職員に対する年頭あいさつ

更新日:平成27年1月5日

府職員に対する年頭あいさつ

1月5日(月曜日)

 《年頭あいさつ(要旨)》

 皆さん、新年あけましておめでとうございます。

 私も昨年5月に議長職を拝命してから7か月間、どう議長職を全うしたらよいだろうかという思いでやってきたわけですが、知事から話がありましたように、昨年の12月に、大阪府・大阪市特別区設置協議会が開かれ、無事に5月17日に住民投票が行われるようです。これはもちろん、知事はじめ職員の皆さん、そして議会の先生方のお力添えのおかげでございます。私も今年は気持ちが少し安堵しておる状況でございます。

 昨年は、8月の大雨による広島の大変な土砂災害、9月の御嶽山の噴火による火山災害、そして11月の長野県での地震など、改めて自然の猛威を感じた1年でございました。やさしい動物である未年の本年は、災害のない1年であってほしいものです。

 今年は、議会と、そして職員の皆さんと、両輪のごとく、大阪府のために一生懸命互いに切磋琢磨していきたいと考えています。

 4月には、統一地方選挙がございます。この選挙では、これまでの109人の議員定数が88人まで削減されます。4月からの新しい議員の先生方が、大阪府のために切磋琢磨しながら職員の皆さん方と一緒になって大阪を良くしていくことが、ひとつの大きなテーマになってくるでしょう。

 そして、知事も任期の4年目でございます。この知事の思い、そして我々の思いを一つにして、大阪を良くする。そのことを一つ念頭におき、みなさま方のご協力をいただきますようよろしくお願いを申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

このページの作成所属
議会事務局 議会事務局総務課 広報グループ

ここまで本文です。