大阪府に寄せられたご意見(2021年9月分)

更新日:令和3年10月29日

大阪府に寄せられたご意見(2021年9月分……合計 8,239件) 

意見(8,239件)の内訳  :  府政に関する意見  7,789件
                      所管外         276件
                       その他         174件
 
受付期間  :  2021年9月1日から2021年9月30日まで
 
全体版  [Wordファイル/128KB]  [PDFファイル/110KB]

寄せられたご意見の概要

府政に関するご意見の内訳(上位テーマ)

テーマ

件数

 1.教育施策に関するもの

5,817件

 2.感染症対策に関するもの

1,468件

 3.経営支援に関するもの

 119件

 4.児童虐待に関するもの

43件

 5.府の広報広聴に関するもの

16件

※上記テーマ以外に61テーマについてご意見を頂きました。

府政に関する主なご意見の概要(主なもの)

【教育施策に関するもの】
・旧府立高校跡地に支援学校をつくることを要請する。(署名5,756件)
・コロナにより、これまで全ての学校行事が中止となっている。学校行事は生徒の精神的成長のための大切な行事であるとともに、学校生活の大切な思い出となるもの。教育委員会は「生徒の安全の為に中止する」とすれば一番楽で確実な判断かもしれないが、行事を行える方法を提案したり、生徒の気持ちに寄り添った判断をしてほしい。
 
【感染症対策に関するもの】
・大型開発であるIR事業の推進ではなく、府民の暮らしを守り、公衆衛生・医療体制の拡充やコロナ対策に全力をあげるように求める。(署名444件)
・保健所の拡充設置と、医師・看護師・介護職・保健師等の増員が必要であることを認識し、政府にも拡充・増員計画を示させるよう働きかけることを要請する。。(署名22件)
・自宅療養者を減らすために大規模医療・療養センターを設営し、一千人規模の療養病床を確保することは素晴らしいと思うが、看護師の確保など運用するまでに時間を要するので、ホテル等の療養施設を活用して、一刻も早く自宅療養者を減らす必要があると思う。
・大阪府では新規感染者数は減少傾向にあるが、感染対策の基本であるマスクの着用がおろそかになっている。このような状態が続けば、感染が再拡大することになるので、府民一人一人が基本的な感染対策を徹底するよう、大阪府が周知するべきだ。
 
【経営支援に関するもの】
・時短要請や休業要請を守っていないにもかかわらず、協力金をもらっている店があると思うので、調査をしてほしい。また、調査が必要な店の情報を大阪府などのホームページから書き込めるようにしてほしい。

【児童虐待に関するもの】
・摂津市の虐待事件について、行政にも責任の一端があったのではないかと思う。最近は親が子どもを虐待する事例が少なくないが、行政はそのような親に代わって子どもの命を守るべきだ。大阪府はこの事件を検証のうえ、結果を公表するとともに、検証結果を今後の政策の糧とするべきだ。
 

寄せられたご意見の取り扱い

大阪府に寄せられたご意見は、今後の府政運営の参考にさせていただきます。このうち、制度や府の考え方の説明が必要と判断したものなどは、適宜ご本人に連絡を取るなどして回答(14件)いたしました。回答内容については、 「府政へのご意見」ホームページに掲載しています。
また、府以外の官公庁に関するご意見については、国(92件)、市町村(253件)にそれぞれ内容をお伝えしました。
なお、これらの件数については、9月以前に大阪府に寄せられたご意見も含め、9月中にご本人への回答や官公庁への伝達を行った件数です。

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広聴グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 府政情報 > 府政へのご意見 > 大阪府に寄せられたご意見(2021年9月分)