脱炭素ポイント制度推進プラットフォームについて

更新日:2022年10月14日

脱炭素ポイント制度推進プラットフォームについて

 大阪府では、2050年に府域のCO2排出量実質ゼロの実現向けて、2030年の府域の温室効果ガス排出量を2013年度比で40%削減することを目標としています。
 また、日本における家庭部門のCO2排出量は全体のおよそ1/5であり、消費行動支出のうちの約6割を個人消費が占めています。
 このことから、府民の脱炭素への意識改革・行動変容を図るため、小売事業者等が現在運用しているポイントシステムを活用して、生産・流通過程でのCO2排出が少ない商品(サービス含む)を購入した消費者に対して脱炭素ポイントを付与する制度の構築とその普及拡大について検討します。
 このたび、事業者や行政機関等に参画いただき、効果的かつ持続的な脱炭素ポイント制度のあり方について検討するとともに、先駆的な取組みを広く共有・発信するため、標記プラットフォームを設置します。

 脱炭素ポイント制度推進プラットフォーム設置要綱 [Wordファイル/24KB]
 脱炭素ポイント制度推進プラットフォーム設置要綱 [PDFファイル/124KB]

検討内容

  • 府民の脱炭素への意識改革・行動変容の促進に関すること
  • 脱炭素ポイント制度に関すること
  • 脱炭素ポイント制度の普及・拡大に関すること
  • その他プラットフォームの目的達成に必要な事項に関すること

プラットフォーム構成員

株式会社アーバンリサーチ

西日本電信電話株式会社

イオンリテール株式会社

西日本旅客鉄道株式会社

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社公益財団法人2025年日本国際博覧会協会
大阪いずみ市民生活協同組合環境省近畿地方環境事務所
大阪市高速電気軌道株式会社大阪市
株式会社サンプラザ堺市
上新電機株式会社

 本プラットフォームに参加を希望される方は、大阪府環境農林水産部脱炭素・エネルギー政策課にあらかじめ相談したのち、以下の参加申請書をメールまたはファクシミリにより提出してください。 

<連絡先>
 大阪府環境農林水産部脱炭素・エネルギー政策課 戦略企画グループ
 電話番号:06−6210−9549
 ファクシミリ番号:06−6210−9259
 E−mail:eneseisaku-04@gbox.pref.osaka.lg.jp

参加申請書 [Wordファイル/19KB]
参加申請書 [PDFファイル/104KB]

脱炭素ポイント制度推進プラットフォーム会議

年度

回数

開催日時・場所

議事次第

資料

議事概要

令和4年度

第1回令和4年6月2日(木曜日) 午後2時00分から
大阪府咲洲庁舎 44階 大会議室

議事次第 [Wordファイル/36KB]
議事次第 [PDFファイル/64KB]

資料1 脱炭素ポイント制度推進プラットフォームの設置について
資料1 [その他のファイル/436KB] 資料1 [PDFファイル/779KB]
資料2 大阪府の取組紹介(脱炭素ポイント付与制度調査検討事業)
資料2 [その他のファイル/112KB] 資料2 [PDFファイル/507KB]
資料3 脱炭素ポイント制度構築に向けた府による実証事業に係る意見交換
資料3 [Wordファイル/21KB] 資料3 [PDFファイル/107KB]
参考資料1 脱炭素ポイント制度推進プラットフォーム設置要綱
参考資料1 [Wordファイル/27KB] 参考資料1 [PDFファイル/124KB]

議事概要 [Wordファイル/25KB]

議事概要 [PDFファイル/389KB]

令和4年度第2回令和4年9月8日(木曜日) 午後4時00分から
大阪府咲洲庁舎 44階 大会議室
議事次第 [Wordファイル/37KB]
議事次第 [PDFファイル/62KB]
資料1 今年度の実証事業について
資料1 [その他のファイル/119KB] 資料1 [PDFファイル/622KB]
資料2 今年度の実証事業に係る意見交換
資料2 [Wordファイル/32KB] 資料2 [PDFファイル/324KB]
資料3 脱炭素ポイント制度の内容に係る意見交換
資料3 [Wordファイル/33KB] 資料3 [PDFファイル/194KB]
議事概要 [Wordファイル/27KB]

議事概要 [PDFファイル/376KB]

このページの作成所属
環境農林水産部 脱炭素・エネルギー政策課 戦略企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 環境一般 > 脱炭素ポイント制度推進プラットフォームについて