大阪工業大学とのバッテリーを活用したロボット産業の普及・振興などに関する連携協定締結

更新日:2017年7月19日

大阪工業大学とのバッテリーを活用したロボット産業の普及・振興などに関する連携協定締結

 大阪府は、大阪工業大学とバッテリーを活用したロボット普及などで一層の連携を図っていくため、平成29年6月23日(金曜日)、連携協定を締結しました。

 このたびの協定締結を契機に、大阪工業大学と大阪府は相互の連携・協力関係を一層深めてまいります。バッテリーを活用したロボット普及と社会実装への貢献、ロボット産業を支えるエコシステム実現に向けたネットワーク構築などに取り組み、ロボット産業を振興することでバッテリーの新規需要の拡大ひいてはセンサーなどロボット・バッテリーに関連する様々なものづくり分野の振興につなげてまいります。

【協定締結式の様子】

daikoudai

(左から大阪府 新井純副知事、大阪工業大学 西村泰志学長)

関連HP:大阪工業大学(外部サイト)

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室産業創造課 新エネルギー産業グループ

ここまで本文です。


ホーム > 商工・労働 > ライフサイエンス産業振興・新エネルギー産業振興 > エネルギービジネス推進事業 > 大阪工業大学とのバッテリーを活用したロボット産業の普及・振興などに関する連携協定締結