畜産の広場

サブメニューを飛ばして本文へ

ここから本文です。


業務内容

●動物由来感染症に関すること
 高病原性鳥インフルエンザ等動物由来感染症の発生時における防疫体制の整備に努め、危機事象発生時には府関係部局等と連携し迅速な初動防疫等の体制整備を図る。 

●畜産振興に関すること
 1)畜産農家に対して、安全で美味しい畜産物の生産を目的として生産技術等の指導を行う。
 2)畜産農家の経営安定のため、畜産物の計画的生産や飼料の安全性確保等の各畜種別の畜産振興対策を行う。
 3)畜産関係団体が畜産物の価格安定及び消費拡大等の普及啓発を図るために行う事業に対して助成を行う。

●家畜防疫及び家畜衛生対策に関すること
 1)家畜伝染病予防法に基づき、監視伝染病の発生予防及びまん延防止を図るとともに、サルモネラ等による人畜共通感染症を防止するため、畜産農家に対して衛生検査等の実施や指導を行う。
 2)BSE対策特別措置法に基づく、死亡牛のBSE検査や牛の個体情報整備を推進する。

●家畜改良に関すること
 家畜の人工授精や品種の改良等により、畜産物の生産性や品質の向上を図るため各種事業を行う。

●家畜飼料等に関すること
 飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律に基づき、飼料製造業者等の届出を審査・受理し、農林水産大臣へ提出する。

●畜産環境保全に対すること
 「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」に基づき、畜産環境の保全を図るため、畜産農家に対して家畜排せつ物の適正処理及び利用の促進に係る指導等を行う。また、家畜排せつ物の処理施設の整備及びリサイクルの推進等を図る。

●動物薬事及び獣医事に関すること
 1)薬事法に基づく動物用医薬品等の製造業及び販売業の許可等に係る業務と法の遵守を図るための立入検査・指導を行う。
 2)獣医師法・獣医療法に基づく飼育動物診療施設の開設届等の受理及び立入検査・指導を行う。

現在、掲載されている情報はありません。

ここまで本文です。