動物由来サーベイランス結果(平成18年度)

更新日:2013年4月2日

  大阪府では、動物由来感染症の発生を防止し、又はまん延を防止するため、環境農林水産部と健康福祉部が一体となって動物由来感染症の積極的な検査(サーベイランス)を実施しています。 検査の結果は、下記のとおりです。                                         
平成19年3月31日現在
感染症名対象動物検体平成18年度 計
検体数陽性陰性
腸管出血性大腸菌牛・めん山羊糞便(農家)586頭 586頭
枝肉
(食肉処理場)
350検体 350検体
ウエストナイルウイルス
感染症
蚊(馬飼育施設)352匹 352匹
蚊(保健所)3,533匹 3,533匹
野鳥11羽 11羽
オウム病鳥類糞便333羽8羽 ※1325羽
高病原性鳥インフルエンザ鶏・アヒル気管・クロアカスワブ1,530羽 1,530羽
血清1,510羽 1,510羽
野鳥糞便50ヶ所 50ヶ所
鼻腔スワブ240頭 240頭
13頭 13頭
デング熱3,533匹 3,533匹
日本脳炎血清200頭 200頭
3,533匹 3,533匹
ブルセラ症血清1,381頭 1,381頭
つつが虫病野ネズミツツガムシ503匹 503匹
レプトスピラ症アライグマ尿260頭49頭 ※2211頭
エキノコックス症糞便70頭 70頭
クリプトスポリジウム糞便125頭 125頭
B S E延髄
(食肉処理場)
27,341頭 27,341頭
延髄(死亡牛)113頭 113頭
トキソプラズマ症血清434頭6頭 ※3428頭
アライグマ回虫症アライグマ糞便146頭 146頭
※1オウム病陽性の8羽については現在治療中です。
※2レプトスピラ症陽性については、特に過敏になる必要はありませんが、一般的な感染症予防の観点からも野生動物と接する際には素手で触れず、また取り扱った後は手指を十分に洗浄、消毒して下さい。
※3トキソプラズマ症陽性については、臨床症状はなく異常はありませんが、養豚農家の皆さんはより一層の衛生対策の実施をお願いします。

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ

ここまで本文です。


ホーム > 農林・水産業 > 畜産業 > 畜産の広場 > 動物由来サーベイランス結果(平成18年度)