動物由来サーベイランス結果(平成17年度)

更新日:平成25年4月2日

  大阪府では、動物由来感染症の発生を防止し、又はまん延を防止するため、環境農林水産部と健康福祉部が一体となって動物由来感染症の積極的な検査(サーベイランス)を実施しています。 検査の結果は、下記のとおりです。                                         
平成18年3月31日現在
感染症名対象動物検体平成17年度合計
検体数陽性陰性
腸管出血性大腸菌牛・めん山羊糞便(農家)584頭 584頭
枝肉
(食肉処理場)
344検体 344検体
ウエストナイルウイルス
感染症
蚊(馬飼育施設)465匹 465匹
蚊(保健所)4,592匹 4,592匹
野鳥14羽 14羽
オウム病鳥類糞便420羽25羽 ※1395羽
高病原性鳥インフルエンザ鶏・アヒル気管・クロアカスワブ1,647羽 1,647羽
血清1,532羽 1,532羽
鼻腔スワブ178頭 178頭
9頭 9頭
デング熱4,592羽 4,592羽
日本脳炎血清227頭 227頭
4,592匹 4,592匹
ブルセラ症血清1,035頭 1,035頭
つつが虫病野ネズミツツガムシ171匹 171匹
クリプトスポリジウム牛・めん山羊糞便82頭 82頭
B S E延髄
(食肉処理場)
28,369頭 28,369頭
延髄(死亡牛)112頭 112頭
トキソプラズマ症血清450頭31頭 ※2419頭
アライグマ回虫症アライグマ糞便78頭 78頭
※1オウム病陽性25羽のうち、9羽は治療、16羽は自主淘汰
※2トキソプラズマ症陽性31頭については肺炎等の臨床症状はなく、感染はしたものの発症はなかったものです。

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ

ここまで本文です。


ホーム > 農林・水産業 > 畜産業 > 畜産の広場 > 動物由来サーベイランス結果(平成17年度)