動物取扱業者が遵守すべき飼養管理基準について

更新日:令和3年6月3日

新しい基準省令について

 「第一種動物取扱業者及び第二種動物取扱業者が取り扱う動物の管理の方法等の基準を定める省令」が制定され、令和3年6月1日から施行されます。内容は以下のとおりです。

・犬又は猫の取扱いについての新たな規制
・第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目(令和3年5月31日廃止)の規定
・第二種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目(令和3年5月31日廃止)の規定
・動物の愛護及び管理に関する法律施行規則第8条及び第10条の9(令和3年5月31日削除)の規定

※省令原文についてはこちら(環境省HP)(外部サイト)

対象および施行日等

・新たな基準は全ての第一種動物取扱業者、第二種動物取扱業者が対象ですが、犬猫を取り扱う事業者に対してより厳しい基準が設けられました。
・令和3年6月1日施行(一部の規定については経過措置等があります。)
・基準の考え方や基準を満たす状態等を示した「動物取扱業における犬猫の飼養管理基準の解釈と運用指針〜守るべき基準のポイント〜」が環境省により策定されました。こちら(外部サイト)をご覧ください。
・詳しくは
環境省HP(外部サイトを別ウインドウで開きます)をご覧ください。

犬猫を取り扱う事業者に対する新たな基準

1.飼養施設の管理、飼養施設に備える設備の構造及び規模並びに当該設備の管理に関する事項

【飼養施設に備える設備の規模の基準】(既存事業者は令和4年6月1日から適用) 
 次の(1)運動スペース分離型飼養等(以下「分離型」)または(2)運動スペース一体型飼養等(以下「一体型」)のいずれかを満たすこと。
 ※傷病動物を飼養保管する場合又は動物を一時的に保管する場合等の特別な事情がある場合を除く。

(1)分離型(ケージ飼い等)の基準

【寝床や休息場所となるケージ】+【運動スペース】の両方が必要。
 
【寝床や休息場所となるケージ】
・犬:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の2倍以上)
・猫:タテ(体長の2倍以上)×ヨコ(体長の1.5倍以上)×高さ(体高の3倍以上)、1つ以上の棚を設け2段以上の構造とする。
※複数飼養する場合:各個体に対する上記の広さの合計面積と最も体高が高い個体に対する上記の高さを確保。

【運動スペース】
・(2)の一体型と同一以上の広さを有する面積を確保し、常時運動に利用可能な状態で維持管理すること。

<分離型のイメージ図>

bunrigata ime-ji

 (2)一体型(平飼い等)の基準

【寝床や休息場所】と【運動スペース】が一体型となったケージ等

・犬:床面積((1)分離型ケージサイズの6倍以上)×高さ(体高の2倍以上)
※複数飼養する場合は、床面積※((1)分離型ケージサイズの3倍以上×頭数分)と最も体高が高い犬の体高の2倍以上を確保。
※床面積は、同時に飼養する犬のうち最も体長が長い犬の床面積の6倍以上が確保されていること。 
※繁殖時:親子当たり上記の1頭分の面積を確保(親子以外の個体の同居は不可)。

・猫:床面積((1)分離型ケージサイズの2倍以上)×高さ(体高の4倍以上)、2つ以上の棚を設け3段以上の構造とする。
※複数飼養する場合は、床面積※((1)分離型ケージサイズの面積以上×頭数分)と最も体高が高い猫の体高の4倍以上を確保。
※床面積は、同時に飼養する猫のうち最も体長が長い猫の床面積の2倍以上が確保されていること。 
※繁殖時:親子当たり上記の1頭分の面積を確保(親子以外の個体の同居は不可)。

<一体型のイメージ図>

ittaigata ime-ji【ケージ等及び訓練場の構造等の基準】
・金網の床材としての使用を禁止
・錆(サビ)、割れ、破れ等の破損がないこと 

2.動物の飼養又は保管に従事する従業者の員数に関する事項


【飼養又は保管に従事する従業員1人当たりの飼養又は保管をする頭数の上限の規定】
(既存の第一種動物取扱業者は令和4年6月1日から段階的に適用(経過措置あり))
(既存の第二種動物取扱業者は令和5年6月1日から段階的に適用(経過措置あり))

・ 犬:1人当たり繁殖犬15 頭、販売犬等20 頭が上限
・ 猫:1人当たり繁殖猫25 頭、販売猫等30 頭が上限
 ※いずれも、親と同居している子犬・子猫及び繁殖の用に供することをやめた犬・猫は頭数に含めない(その飼養施設にいるものに限る)。

・ 犬及び猫の双方を飼養又は保管する場合の一人当たりの上限、経過措置についてはこちらをご覧下さい。[Wordファイル/234KB] [PDFファイル/488KB]

3.動物の飼養又は保管をする環境の管理に関する事項

・飼養施設に温度計及び湿度計を備え付け、低温・高温により動物の健康に支障が生じるおそれがないように飼養環境を管理すること
・臭気により飼養環境又はその周辺の生活環境を損なわないよう、清潔を保つこと
・自然採光又は照明により、日長変化(昼夜の長さの季節変化)に応じて光環境を管理すること 

4.動物の疾病等に係る措置に関する事項

・1年以上継続して飼養又は保管を行う犬又は猫については、年1回以上の獣医師による健康診断を受けさせ、診断書を5年間保存すること
・繁殖の用に供する個体は、雌雄ともに繁殖の適否に関する診断を受けさせること

5.動物の展示又は輸送の方法に関する事項

・犬又は猫を長時間連続して展示する場合は、休息できる設備に自由に移動できる状態を確保。それが困難な場合は、展示時間が6時間を超えるごとに、その途中に展示を行わない時間を設けること
・飼養施設に輸送された犬又は猫については、輸送後2日間以上その状態(下痢、おう吐、四肢の麻痺等外形上明らかなものに限る)を目視によって確認すること 

6.動物の繁殖の用に供することができる回数、繁殖の用に供することができる動物の選定その他の動物の繁殖の方法に関する事項

・生涯出産回数及び雌の交配時の年齢の規定(令和4年6月1日から適用)

 

雌の生涯出産回数

雌の交配時の年齢

6回まで

6歳以下

ただし、7歳に達した時点で生涯出産回数が6回未満であることを証明できる場合は、交配時の年齢は7歳以下とする。

6歳以下

ただし、7歳に達した時点で生涯出産回数が10回未満であることを証明できる場合は、交配時の年齢は7歳以下 とする。

(ただし、以下の基準については、令和3年6月1日から適用)
・犬又は猫を繁殖させる場合には、必要に応じて獣医師等による診療を受けさせ、又は助言を受けること
・帝王切開を行う場合は、獣医師に行わせるとともに、出生証明書並びに母体の状態及び今後の繁殖の適否に関する診断書の交付を受け、5年間保存すること
・犬又は猫を繁殖させる場合には、前述の健康診断、上記の帝王切開の診断その他の診断結果に従うとともに、繁殖に適さない犬又は猫の繁殖をさせないこと
・犬又は猫を繁殖させる場合には、繁殖実施状況記録台帳へ年齢、出産回数等の記載をすること。

7.その他動物の愛護及び適正な飼養に関し必要な事項(動物の管理に関する事項)

・犬又は猫を飼養又は保管する場合には、以下のいずれかの状態にしないこと。
 〇被毛に糞尿等が固着した状態
 〇体表が毛玉で覆われた状態
 〇爪が異常に伸びている状態
 ○健康及び安全が損なわれるおそれのある状態
・犬又は猫を飼養又は保管する場合には、清潔な給水を常時確保すること
・運動スペース分離型飼養等を行う場合、犬又は猫を1日3時間以上運動スペース内で自由に運動できる状態に置くこと。(既存事業者は令和4年6月1日から適用)
・犬又は猫を飼養又は保管する場合には、散歩、遊具を用いた活動等を通じて、犬又は猫とのふれあいを毎日行うこと

販売等に供する犬猫の日齢にかかる経過措置期間が終了します。

 販売等に供することの出来る犬や猫の日齢は、これまで50日齢以上でしたが、令和3年6月1日より、57日齢以上となります。ただし、専ら指定犬の繁殖を行う犬猫等販売業者が犬猫等販売業者以外の者に指定犬を販売する場合はこれまでどおりの50日齢以上です。*指定犬とは「秋田犬、甲斐犬、紀州犬、柴犬、北海道犬、四国犬」の6犬種です。

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護管理センター 箕面支所

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 動物愛護管理センター > 動物取扱業者が遵守すべき飼養管理基準について