3つのレスの取組について

更新日:2023年1月31日

大阪府では、「スマートシティ戦略」に基づき、「3つのレス」(はんこレス、ペーパーレス、キャッシュレス)を推進しています。

はんこレスの取組について

 申請、届出の負担軽減や手続きのオンライン化推進を目的として、府に提出される申請書等への押印義務の廃止をめざし、「はんこレス」の取組を推進しています。

 令和4年11月30日時点の取組状況は、次のとおりです。

  はんこレス取組状況PDF版 [PDFファイル/3.93MB]

  はんこレス取組状況Excel版 [Excelファイル/458KB]

※令和2年度末で、府の裁量で見直し可能な認印の押印義務については、廃止しました。

大阪府規則で定める申請等の押印等に係る規定の暫定措置に関する規則の制定について

 大阪府規則で定められている申請書等の様式について、「大阪府規則で定める申請等の押印等に係る規定の暫定措置に関する規則」(令和3年4月1日施行)により、押印や署名の義務を廃止します。

 規則の詳細は、こちらをご確認ください。

ペーパーレスの取組について

 職員の業務効率化やテレワーク推進を目的に、「ペーパーレス」の取組を推進しています。

 令和4年8月31日時点の取組状況は、次のとおりです。

◆庁内に向けたペーパーレス会議実施の啓発 
 ・ペーパーレス会議の具体的な手法や、取組事例を示し、大阪府庁内に向け、ペーパーレス会議の実施を啓発しています。

◆ICT環境の整備 
 ・大阪府庁内の各部局に、ペーパーレス会議に資するタブレット端末機や液晶モニターを配備しています。

キャッシュレスの取組について

 スマートシティ戦略に基づき、公の施設や行政サービスに係る手数料収納における「キャッシュレス」化を推進しています。

 令和4年8月31日時点の取組状況は、次のとおりです。

 ◆行政サービスに係る手数料収納におけるキャッシュレス 
 ・本庁(本館、別館及び咲洲庁舎)の手数料納付窓口において、クレジットカード決済・電子マネー決済・スマートフォン決済を導入しています。

 ・電子申請システムに手数料のキャッシュレス決済機能を付加し、手続きのオンライン完結による利便性向上を図っています。

 ◆府税の収納におけるキャッシュレス 
 ・自動車税(種別割)についてクレジットカード納税、自動車税(環境性能割)・府たばこ税・狩猟税を除く府税についてスマートフォンアプリによる納税を導入し、キャッシュレス対象税目を順次拡大しています。

 ◆公の施設におけるキャッシュレス 
 ・万博記念公園、花の文化園、臨海スポーツセンター等、一部の施設において、キャッシュレス決済を導入しています。
 ※施設における全ての料金に導入しているものではありません。
 ※詳細については、各施設へお問い合わせください。 

このページの作成所属
スマートシティ戦略部 デジタル行政推進課 行政DXグループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 3つのレスの取組について