【平成24年度2次募集】「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」

更新日:平成25年2月19日

第10回大阪府新しい公共支援事業運営委員会(平成24年6月25日開催)において選定。

順位事業名・提案者名事業概要助成額

大阪の2大問題解決プロジェクト「HUBchari」
(HUBchari事業推進協議体)

事業概要 [Wordファイル/43KB] 事業概要 [PDFファイル/108KB]

7,950千円

団体情報 [PDFファイル/176KB] 規約 [PDFファイル/85KB]

多様な人材が活躍できる職場づくりをめざした在住外国人等介護人材育成および定着支援サポートシステム構築
(多様な人材が活躍する職場づくり協議会)

事業概要 [Wordファイル/44KB] 事業概要 [PDFファイル/102KB]

5,000千円

団体情報 [PDFファイル/107KB] 規約 [PDFファイル/153KB]

「みんなの縁側」計画
(佐竹台地区「新しい公共の場」推進協議会)

事業概要 [Wordファイル/42KB] 事業概要 [PDFファイル/75KB]

2,000千円

団体情報 [PDFファイル/113KB] 規約 [PDFファイル/100KB]

地域福祉力向上のため、NPO等の有償ボランティア活動による「担い手」の増強を図るため、「地域通貨」活用での新しい取り組み事業
(地域通貨ねやがわ活性化委員会)

事業概要 [Wordファイル/42KB] 事業概要 [PDFファイル/87KB]

1,926千円

団体情報 [PDFファイル/171KB] 規約 [PDFファイル/129KB]

「高校中退・不登校フォローアップモデル事業」―子ども・若者が不登校・ひきこもり等から脱出し、再チャレンジできる社会を目指して―
(特定非営利活動法人青少年自立支援施設淡路プラッツ)
(大阪府政策企画部青少年・地域安全室)

 学校と連携し、高校生年齢の不登校や学校中退者を対象に、訪問支援(アウトリーチ)や面談支援を通して、拠点機能をもつ居場所につなげ、学習支援による学業復帰の準備や資格取得などキャリア形成に向けた準備を実施する。また、ひきこもり等の課題を有する子ども・若者に対しては、コミュニケーション不足や社会生活の基本的知識などが不足していることから、コミュニケーション支援などを実施し、それぞれの子ども・若者の課題に対応した支援を実施していく。

3,000千円

団体情報等
安全・安心なまちづくりネットワーク構築事業
(特定非営利活動法人ひらかた市民活動支援センター)
(枚方市)

 市内の45小学校区ごとに組織されている校区コミュニティ協議会や自治会が主体となって実施している自主防災訓練や防災講演等に、NPOや学生等が参画することで、顔の見える関係を構築するとともに地域住民の防災意識の向上を図る。また、被災地支援事業を実施することで、被災地支援・防災意識向上のために緊急時や平時に機能するネットワークを開拓・サポートする。

1,000千円
団体情報等

未(不)就労の若者を対象とする就労・雇用チャレンジシステム構築事業
(未(不)就労の若者を対象とする就労・雇用チャレンジ協議会)

 事業概要 [Wordファイル/42KB] 事業概要 [PDFファイル/103KB]

3,000千円

団体情報 [PDFファイル/174KB] 規約 [PDFファイル/128KB]

事業費計

23,876千円


  

このページの作成所属
府民文化部 男女参画・府民協働課 

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > NPO・ボランティア > 新しい公共支援事業について > 【平成24年度2次募集】「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」