温暖化が進むとどうなるの?

更新日:2015年5月18日

 重大な影響がでます。
 温室効果ガスがこのまま増え続けると、2100年には、平均気温が約2℃上昇すると予測されています。
 そうなれば、地球の生態系はもちろん人類にも甚大な影響を与えることになってしまうのです。

地球温暖化の影響

砂漠化

 世界中で砂漠がどんどん広がっています。
 日本のお隣中国でも、砂漠化は深刻な問題の一つとなっており、日本に飛来する黄砂も増えています。

砂漠化のイメージ

海面の上昇

 海水の熱膨張により海面が上昇します。
 過去100年間では10〜25cmほど海面が上昇しています。このまま温暖化が進むと低地にある国などは、国そのものが沈んでしまいます。

海面の上昇のイメージ

感染症の増加

 気候が亜熱帯に近づくと熱帯性感染症(マラリア、デング熱、黄熱病、コレラなど)が増加します。また、感染症の媒介となる蚊の繁殖地域が広まり、更なる悪循環の引き金となります。

感染症の増加のイメージ

異常気象の多発

 地球規模で大気循環のパターンが変わり、異常気象(干ばつ、洪水、熱波、雪崩、台風など)が頻発します。

異常気象の多発のイメージ

氷河の後退、棚氷・氷床の減少

 アルプス山脈の氷河や南極の棚氷が溶け出しています。氷の溶解も海面上昇の原因となります。

氷河の後退、棚氷・氷床の減少のイメージ

(出典:全国地球温暖化防止活動推進センター「青い地球の物語」より作成)

このページの作成所属
環境農林水産部 脱炭素・エネルギー政策課 気候変動緩和・適応策推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 地球環境 > 地球環境事業のご案内 > 温暖化が進むとどうなるの?