平成21年度おおさかストップ温暖化賞

更新日:平成27年4月7日

平成21年度 おおさかストップ温暖化賞 受賞事業者が決定しました

 大阪府では、平成19年度から「大阪府温暖化の防止等に関する条例」に基づき、温暖化防止等に関し、他の事業者の模範となる特に優れた取組みをした事業者を「おおさかストップ温暖化賞」として表彰しています。
 このほど、下記のとおり平成21年度の受賞者を決定しましたのでお知らせします。

おおさかストップ温暖化賞ロゴ

おおさかストップ温暖化賞 受賞者

知事賞(4件)

おおさかストップ温暖化賞受賞事業者
産業系

ダイキン工業株式会社


ダイキン工業株式会社写真

(温室効果ガス削減実績(3年間))
 削減量 1,516,248トン、削減率 86.3%
(主な対策内容)
 フッ素ガス及びフッ素樹脂製造工程からのフロン回収、フロン破壊焼却炉の改善

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/243KB]

日本ノボパン工業株式会社
日本ノボパン工業株式会社写真

(温室効果ガス削減実績(3年間))
 削減量 20,682トン、削減率 90.0%
(主な対策内容)
 コージェネレーション発電からバイオマス発電へ転換

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/180KB]

商業・サービス系

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM
(株式会社ユー・エス・ジェイ)
株式会社ユー・エス・ジェイ写真

(温室効果ガス削減実績(3年間))
 削減量 9,078トン、削減率 19.1%
(主な対策内容)
 熱負荷に合わせてコージェネレーション設備を運転

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/147KB]

運輸系株式会社合通
株式会社合通写真

 (温室効果ガス削減実績(3年間))
 削減量 1,675トン、削減率 23.8%
(主な対策内容)
 モーダルシフトの実施、積載率の向上等による輸送の効率化

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/171KB]

 

 優秀賞(5件)

おおさかストップ温暖化賞受賞事業者
産業系住友電工ファインポリマー株式会社
住友電工ファインポリマー株式会社写真

(温室効果ガス削減実績(20年度))
 削減量 7,879トン、削減率 35.0%
(主な対策内容)
 電子線加速器に使用している絶縁ガス(SF6)の排出抑制

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/119KB]

ダイキン工業株式会社
ダイキン工業株式会社写真

 (温室効果ガス削減実績(20年度))
 削減量 592,118トン、削減率 71.1%
(主な対策内容)
 フッ素ガス及びフッ素樹脂製造工程からのフロン回収、フロン破壊焼却炉の改善

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/285KB]

中山鋼業株式会社
中山鋼業株式会社写真

(温室効果ガス削減実績(20年度))
 削減量 14,303トン、削減率 16.5%
(主な対策内容)
 熱ビレットの無加熱直接圧延

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/164KB]

商業・サービス系株式会社ダイエー
株式会社ダイエー写真

 
(温室効果ガス削減実績(20年度))
 削減量 4,259トン、削減率 8.4%
(主な対策内容)
 エネルギーマネージメントシステムの導入、省エネキャンペーンの実施

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/173KB]

運輸系株式会社国際興業大阪
株式会社国際興業大阪写真

(温室効果ガス削減実績(20年度))
 削減量 3,688トン、削減率 27.5%
(主な対策内容)
 エコドライブの実施、低燃費車及びアイドリングストップ装着車の導入

くわしい取組み内容はこちら [PDFファイル/119KB]

おおさかストップ温暖化賞について

  1. 表彰の趣旨
     「大阪府温暖化の防止等に関する条例」(以下「条例」という。)第22条の規定に基づき、事業活動における温室効果ガス及び人工排熱の排出抑制(以下「温暖化防止等」という。)に関し、他の事業者の模範となる特に優れた取組みをした事業者を表彰するものであり、事業者名とその内容を広く公表することにより、温暖化防止等に関する事業者の意欲を高めるとともに、対策の一層の普及促進を図る。
  2. 表彰の対象
     条例に基づき実績報告書を届け出た事業者が前年度に実施した温暖化防止等に関する取組み内容
  3. 賞の種類
     ・大阪府知事賞
     ・優秀賞
     (ただし、大阪府知事賞は、優秀賞受賞者のうちから、条例に基づき届け出た対策計画書の計画期間(3年間)における削減目標の達成状況と取組み内容を総合的に勘案して、授与する。)
  4. 選考方法
     有識者からなる「大阪府地球温暖化対策推進委員会」(委員長:水野稔大阪大学名誉教授)において、次の観点を総合的に勘案して、取組み内容を量と質の両面から評価し、他の事業者の模範となるものを選考
     [1]前年度において、温室効果ガスの排出削減を着実に実施していること
     [2]先進性、効率性、有効性のいずれかに、とりわけ優れた取組みを実施し、確実な効果をあげていること

大阪府地球温暖化対策推進委員会 委員(五十音順)

 鈴木 靖文  (有)ひのでやエコライフ研究所代表取締役
 高村 ゆかり 龍谷大学法学部教授
 新田 保次  大阪大学大学院工学研究科教授
 槇村 久子  京都女子大学現代社会学部教授
 水野 稔   大阪大学名誉教授

このページの作成所属
環境農林水産部 エネルギー政策課 温暖化対策グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 地球環境 > 地球環境事業のご案内 > 平成21年度おおさかストップ温暖化賞