池田市中央公民館での親学習

更新日:2017年12月8日

池田市中央公民館での「親学習」


ようす0


 池田市では、今年度全中学校区で親学習を実施。

 本講座は、中央公民館、生涯学習推進課、教育政策課の共同開催による親学習3回連続講座の
 第2回目で、テーマは、「反抗期の向き合い方」。

1.日時・場所

 平成28年3月2日(水曜日) 池田市中央公民館

2.親学習リーダー

 OYA・REN(大阪親学習リーダー連絡協議会)

3.親学習のようす

○2種類のアイスブレイキングで緊張がほぐれ、楽しく講座をスタートできました

○親学習教材「向き合う」を通して、参加者同士が自分の体験や子育ての経験を振り返り、共感したり
 アドバイスをし合ったりしました

○最後に参加者全員でグループワークの内容や印象に残ったことなどを発表することで、
 他のグループでの気づきも学ぶことができました

○講座のおわりにはストレッチ体操をして心も体もリフレッシュ

ようす1

ようす2

ようす3

連続講座親楽集
第2回目「反抗期の向き合い方」受付

講座の流れを説明

別室にて一時保育も実施し、
お母さん方は安心して講座に参加

ようす4

ようす5

ようす6

アイスブレイキング その1
朝の様子をテーマにフルーツバスケット

アイスブレイキング その2
「あなたはどっち?」質問でYesNoゲーム

大阪府親学習教材「向き合う」を
活用してグループワーク

ようす7

ようす8

ようす9

エピソードから、感想を共有し、
自分の子育てを振り返る

ワークで影響を受けたこと、
子育てに活かしたいことなどを共有

リンパマッサージを取り入れた
ストレッチ体操         

4.参加者の感想

・何度か参加させていただいておりますが、いつも新しいパターンなので充実している。

・いろいろな人の意見を聞けて良かった。また皆さんとお話したい。

・「反抗期」という題にとどまらず、いろいろな考え方を知る機会になってリフレッシュできた。
 男性が参加してくれたのもよかった。

・子育ての大切なこと「まずはほめてあげる」ということに気づくことができた。 
 お母さんたちが工夫されていることもわかり、私もがんばろうと思えた。

・異年齢の子どもの話が聞けて楽しかった。気持ちがリフレッシュできた。

・初対面の方々と短時間で深い話ができて、密度の濃い時間だった。

・もっと自分の子どもとの向き合い方を考え直そうと思った。

・トラブルを起こしたり巻き込まれない力をつけたい。

・あまり他の家庭の子育ての話を聞くことがないので、ためになった。

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。