河内長野市での親楽習公開講座

更新日:2015年8月4日

河内長野市で親楽習公開講座が行われました

 ようす    ようす3     ようす1

■ 市の広報紙で募集をしました

○ 河内長野市広報紙で参加者を募集し、12名の参加者が講座に参加しました。

○おや☆らくメンバーがファシリテーターとして講座を行いました。

○親学習リーダーは、さまざまな研鑚を行って、常にスキルアップをしています。

■ ここがポイントです

1 プログラムが豊富

・参加者4名に1人の親学習リーダーが入り、ワークの進行やサポートをします。

・親学習教材「つながる」を使用したプログラムがありました。子育てにあまり自信がなく、育児書のとおりにならないと不安になり、どうしても他の子どもと比べて焦ってしまう母親のエピソードです。

・教材のエピソードを親学習リーダーが読み、グループでエピソードの感想や子育ての経験談を話し合いました。

・親力のワークでは、それぞれが考える「親の力」を書き出した付箋を共有し、模造紙に貼り付けてグループごとに発表しました。

・完成した模造紙は、「親の力」でストーリーを立てていたり、絵を描いていたりとグループによって特徴がありました。

・プログラムの種類が豊富で、親学習リーダーが、「怒り」のワークや「聴く」のお話、ものの見方を変えてみる話などもしました。

2 参加者が積極的な講座

・プログラム中は、子育てで実践できる話が多く、ノートを出してメモをとる参加者の姿も見られました。

・グループワーク発表では、当初は親学習リーダーが行う予定でしたが、リーダーが参加者の「伝える力」を感じて、各グループの参加者が発表を行いました。

・講座終了後には、河内長野市で行われるリーダー養成講座に参加したいという参加者もいました。

・最後に講座の振り返りをし、家庭で実践してみたいことや、講座での気づきを発表し、全員で拍手をして講座を終えました。

3 参加者の感想から

・「初めての参加で不安もあったが、楽しく教えてもらって、来てよかった。」

・「自分のできていないことに気づくことができ、乗り越える努力をしようと思った。」

・「育児書や長い文章ではなかなか残らないが、共有したり気づきがあったりと持ち帰るものがあった。」

・「難しく構えていたが、気楽に参加できた。今日聞いたことを持ち帰ってがんばる。」

・「子どもが5歳を迎え、子どもへの固定概念があるため、見方を変えてみようと思った。」

活動3

活動1

活動2

ファシリテーターは河内長野親楽習
  リーダー会「おや☆らく」

アイスブレイキング「グーパー体操」

親学習教材「つながる」を使用

 活動6

活動7 

活動5

教材エピソード感想や
  子育てのエピソードを話し合う

「親力」とはどんなものかを考える  

 グループで出た意見をまとめて発表

活動3

活動8

活動9

 「聴く」のワーク

90分で多くのプログラムを実施

  最後に振り返りを行う

■ ある日の親学習の様子

日時 

平成27年7月10日(金曜日) 10時から11時30分

場所

河内長野市立市民交流センター

親学習リーダー

河内長野親楽習リーダー会「おや☆らく」

 

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。