教職員研修での親学習(千早赤阪村)

更新日:2014年9月25日

千早赤阪村合同教職員研修で親学習が行われました

ようす1  ようす2  ようす3

■ 教職員合同研修での親学習

○ 千早赤阪村の幼稚園、小・中学校の教職員が一堂に集まって親学習の研修をしました。

○ 中学1年生で実際に行っている親学習ワークを行いました。

○ 近隣の河内長野市の親学習リーダーがファシリテーターを務めました。

■ ここがポイントです

1 夏季全体研修で親学習

・千早赤阪村では、毎年夏季休業中に村内の幼稚園、小・中学校の教職員が合同で研修会を行っており、今年度は、保護者理解、親学習の授業のあり方について学ぶことをテーマに実施しました。

・村教委より府教委に依頼があり、府職員による親学習に関する講義、近隣市(河内長野市)の親学習リーダーによる親学習ワークを行いました。

・親学習リーダーからは、親学習ワークの他、学校の授業で親学習を実施した様子や実施までの流れ、心がけていること(実施の前には、学校と入念な打合せをしていることや、リーダーどうしで話し合って何度も練習していること等)についてスライドを使って説明がありました。

2 実際に中学校で行われている親学習プログラムを体験する

・親学習ワークでは、学校での実施を想定して、実際に河内長野市内の中学1年生の授業で行っている親学習プログラムをそのまま行いました。

・参加者は、中学1年生の立場になって受講し、親学習リーダーは中学生に話している通りの言葉づかいで行われました。

・河内長野市では、市内の小・中学校で親学習リーダーによる親学習の実践が行われています。

3 ファシリテーターは河内長野親楽習リーダー会「おや☆らく」

・千早赤阪村教育員会では、村内で現在活動している親学習リーダーがいないため、府教委を通じて、近隣の河内長野親楽習リーダー会「おや☆らく」に依頼しました。

・河内長野親楽習リーダー会「おや☆らく」は、河内長野市内で精力的に活動しているだけでなく、府主催の親学習研修において講師を務めたり、また、近隣の市町村からも依頼があり親学習を行なっています。

 .

活動のようす1

活動のようす2

活動のようす3

  前半は、府職員による親学習に関する
  講義。後半は、親学習リーダーによる
  親学習ワーク
  中学1年生で実施されている親学習
  ワークを体験
  ファシリテーターは河内長野親楽習
  リーダー会「おや☆らく」のみなさん

■ ある日の親学習の様子

日時 

平成26年8月26日(火曜日) 14時00分から17時00分

場所

くすのきホール

親学習リーダー

河内長野親楽習リーダー会 「おや☆らく」(5名)

参加者

千早赤阪村立幼稚園、小・中学校教職員

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。