家庭教育支援取組み訪問記録(柏原市立国分図書館で行われた親学習)

更新日:2013年12月6日

柏原市「子育てが楽しくなる講座」で行われた親学習の取組みを取材しました!

柏原市家庭教育学級での親学習のようす

柏原市家庭教育学級での親学習のようすその2

柏原市家庭教育学級での親学習のようすその3

 ■ひとことで言えばこんな取組みです

★市が主催する親学習の連続講座で、子育て中の親または親子を対象に、親学習リーダーがファシリテーターになって親学習を行っています

★親が安心して学習に取り組むことができるように、別室で親学習リーダーが子どもの保育を行っています

 

■ ここがポイントです

1 図書館(社会教育施設)での保育付きの親学習講座

〇「子育てが楽しくなる講座」

・市教委社会教育課が主催する、全3回の講座(11/14、11/21、11/28)です

・前期(6月から7月)と後期(11月)の年2回実施しています

・受講された方からは好評で、参加者の中にはリピーターの方もいま

・親が参加しやすいように、また、安心して親学習に集中できるように、保育付きの講座になっています

・保育の担当もリーダーがしています。リーダー以外にも3人の方がお手伝いされていました

・連続講座なので、回を重ねるごとに、参加者どうしが打ち解けて親しくなっていきます

・これまでは、会場を市内の健康福祉センターのみで開催していましたが、今まで会場が遠かった方が参加しやすいように、今年度は2会場で行いました

・柏原市では、この他にも、幼稚園を会場に、小学生までの子どもを持つ親を対象にした、柏原市家庭教育講座「親と子のための教室」で親学習を実施されています

.

〇講座の様子

・はじめに、親子で一緒に手遊びなどをして、親子ともにリラックスしてから、親だけ隣の部屋に移動し、親学習をします

・今回のテーマは「今の子育ての中で子どもの気になることは何ですか」です

・一人ひとりが、子育てについての悩みや、それに対しての解決策、励ましの言葉などを付箋に記入して模造紙に貼っていきました

・終了後には、参加者が親学習リーダーに相談する場面も見られました

アイスブレーキングの様子

ワークショップの様子

ワークショップのようす2

  はじめは「仲間集めゲーム」でアイス  
  ブレーキング
  親がそれぞれ、子育てで気になっている
  ことをふせんに書き出して、模造紙に貼っ
  ていく
  出た意見を全員でカテゴリー別に分けたり
  それぞれに対して解決策や励ましのメッ
  セージを書いて貼っていく
  

 .

2. 工夫した講座を実施する親学習リーダーの存在

〇柏原市親学習リーダー会「親まなび(^о^)スマイル」

・柏原市親学習リーダー会「親まなび(^о^)スマイル」のメンバーは、府のリーダー養成講座修了者で、保育士や幼稚園教諭の経験者が多数います

・リピーターが多いため、教材を活用しないで参加者の学びが深められるような講座も実施しています

・昨年度のボランティア研修(大阪市・北・中河内)をきっかけに、柏原市の親学習リーダー会の研修に、守口市のリーダーを講師に招き、親学習の手法について市を越えて交流しました

・前述の親学習講座の他にも、市内の学校から依頼があり、PTA研修で親学習を実施しています

.

柏原市の親学習の様子

柏原市の親学習のようす2

ワークのはじめに、話し合いの
ルールを説明

最後に、絵本を読み聞かせ

 .

■ ある日の家庭教育学級での親学習

日時 

平成25年11月21日(木曜日) 10時15分から12時

場所

柏原市立国分図書館

親学習リーダー

柏原市親学習リーダー会「親まなび(^о^)スマイル」」

参加者

乳幼児の子を持つ親 参加数8名

.

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 地域連携グループ

ここまで本文です。


ホーム > 教育・学校・青少年 > 社会教育・教育コミュニティ・生涯学習 > 家庭教育支援 > 家庭教育支援取組み訪問記録(柏原市立国分図書館で行われた親学習)