被爆二世健康診断

更新日:2022年9月1日

被爆二世健康診断について

 令和4年度被爆二世健康診断については、以下のとおり実施いたします。
 ※今年度もインターネットによる申込みが可能ですので、是非ご利用ください。
 ※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、健診の実施を「中止」ないし「延期」する可能性があります。
  その場合は、本ページのほか、対象者あてに文書通知(郵送)を行います。
  (申込み時に、メールアドレスをご記入いただいた方には、文書通知(郵送)に代えて、メールにて通知します。)


1 対象となる方

 ○大阪府内に在住する被爆二世で受診を希望する方
  ・広島市の場合:昭和21年6月1日以降に出生された方
  ・長崎市の場合:昭和21年6月3日以降に出生された方

2 申込期間及び方法

 ○申込方法 ※(1)または(2)の方法によりお申込みください。なお、申込み時に受診日時の指定はできません。
  (1)申込書に必要事項を記載のうえ、最寄りの保健所等(所在地はこちらからご確認ください)へ提出。
  (2)インターネットによる申込み(こちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)から申し込むことができます)

 ○申込期間
  ・保健所及び保健センター等での申込み    令和4年9月1日(木曜日)から令和4年10月31日(月曜日)まで
  ・インターネットによる申込み        令和4年9月1日(木曜日)から令和4年10月31日(月曜日)まで

  (申込書)
   ・二世健康診断申込書 [Excelファイル/34KB]


3 健診費用、日時及び場所

 ○健診の受診に要する費用は、無料です。
 ○健診を実施する日時及び場所は、申込み後、本人あてに直接通知(郵送)します。
  (健診日時等の通知)令和4年10月初旬から12月中旬を予定しています。
  (健診実施日)   令和4年11月初旬から令和5年2月初旬の間で予定しています。なお、申込み時に受診日時の指定はできません。

4 受診されるみなさまへのお願い

 ○新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、次の方は、受診を見合わせください。
  ・いわゆる風邪症状が持続している方。
  ・発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上を目安とする。)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、吐き
   気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害などの症状のある方。
  ・過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上を目安とする。)のあった方。
  ・2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)。
  ・2週間以内に、新型コロナウイルス感染症の患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)と接触歴がある方。
  ・新型コロナウイルス感染症の患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方。

 ○受診にあたっては、次のことにご協力ください。
  ・健診中は、医療機関から指示された場合を除き、必ずマスクを着用してください。
  ・医療機関の入口等にアルコール消毒液を用意していますので、入退館(室)時のほか、健診中も適宜手指消毒をしてください。
  ・健診中は換気を定期的に行うため、外気温が低い季節では室温が下がりますので、羽織るものを予め手元にご用意ください。
  ・密集・密接を防ぐため、受付時間を厳守してください。
  ・医療機関の入口等で、非接触型体温計等で体温を実測することがあります。


このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 疾病対策・援護グループ

ここまで本文です。