大阪府20世紀美術コレクションと小さき巨匠たち「展覧会をつくる展覧会」を開催します!

更新日:令和3年10月15日

 大阪府立江之子島文化芸術創造センター(通称:enoco/エノコ)では、府が所蔵する「大阪府20世紀美術コレクション」を、広く鑑賞していただく一環として、子どもたちが"小さき巨匠たち"として主役となったアーティストコラボ・コレクション展「展覧会をつくる展覧会」を以下のとおり開催します。

 

  この展覧会は、子どもたちの表現力と創造力を育むことを目的としたアートプログラム「こどもアート学科」に参加する子どもたちが、コレクションから気に入った作品を選び、作品から感じたことや思ったこと、心に浮かんだ気持ちなどを、自分の身体を使って、身ぶり手ぶりで表現します。
  こうした子どもたちの表現を、講師を務める麥生田兵吾(むぎゅうだ ひょうご)氏が、展覧会場内に作られた「写真スタジオ」で撮影し、それを作品と見立て、子どもたちが選んだコレクションとともに展示します。
 大阪府20世紀美術コレクションと、"小さき巨匠たち"の作品からなる「展覧会をつくる展覧会」。大阪府のコレクションの魅力と、コレクションから生まれる子どもたちの表現力や想像力を、ぜひ感じとってください。
 皆さまのご来場を心からお待ちしております。

※今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、本イベントを中止又は延期する場合があります。あらかじめご了承ください。
  
≪大阪府20世紀美術コレクションと小さき巨匠たち「展覧会をつくる展覧会」≫
■会期:令和3年11月7日(日曜日)から11月27日(土曜日)まで ※月曜日休館
■開館時間:午前11時から午後7時まで
■会場:府立江之子島文化芸術創造センター(enoco) 1階 多目的ルーム4
■入場料:無料

★麥生田 兵吾(むぎゅうだ ひょうご) 
  写真家。1976年生まれ。大阪育ち。
  死と生をテーマに「Artificial S」と題された5章からなる壮大な写真プロジェクトを展開するほか、約10年にもわたり、1日も欠かすことなく撮影した作品を自身のブログに公開する「pile of photographys」の制作を続ける等、近年注目を集めています。

 

 上前 智祐 《縫立体(紫)》
      「上前 智祐 《縫立体(紫)》」
   (大阪府20世紀美術コレクション)

※展覧会開催初日 令和3年11月7日(日曜日) 午前10時30分から午後0時30分までと、午後2時から午後4時までは、
   会場内で連動企画「こどもアート学科2021『身ぶり手振り。体をつかって写真で心をつたえよう』」( 講師:麥生田兵吾)のプログラムを実施します。
  この間、展覧会場への入場制限を行う場合がございます。事前にご了承ください。

※「展覧会をつくる展覧会」ホームページ:http://www.enokojima-art.jp/tenrankai/ 
  「展覧会をつくる展覧会」フライヤー(ダウンロード)は
こちら [PDFファイル/2.42MB]   

※障がい等により配慮を希望される場合は、以下のお問合せ先までご相談ください。

※本イベントの開催にあたっては、新型コロナウイルス感染症予防対策を講じながら実施します。
  以下について、ご協力をお願いします。
    〇発熱等の症状がある場合はご来館を自粛いただきますようお願いします。
    ○ご来館時には、マスクの着用及び受付に設置の手指消毒用アルコール等での
     手指の消毒をお願いします。また、「大阪コロナ追跡システム」及び厚生労働省
     「接触確認アプリ(COCOA)」へのご登録をお願いします。
       ○展覧会入場時には、検温へのご協力をお願いします。また、氏名、連絡先のご登録を
          お願いします。(ご家族の場合は代表者の方)
   ○来館者同士の距離を最低1m以上確保するとともに、大声での発話、発声はなるべく
          お控えください。(一度に多数のご来館があった際は、入場制限を行う場合があります。)
 
≪お問合せ先≫
府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)
電話番号:06-6441-8050
ファクシミリ番号:06-6441-8151
メールアドレス:art@enokojima-art.jp
住所:〒550-0006 大阪市西区江之子島2丁目1番34号
   

このページの作成所属
府民文化部 文化・スポーツ室文化課 文化創造グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市魅力・観光・文化 > 文化・芸術 > 大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco) > 大阪府20世紀美術コレクションと小さき巨匠たち「展覧会をつくる展覧会」を開催します!