「大阪館(仮称)出展基本計画策定業務」にかかる最優秀提案事業者の選定結果について

更新日:令和3年4月2日

「大阪館(仮称)出展基本計画策定業務」にかかる最優秀提案事業者の決定について

選定結果について

 「大阪館(仮称)出展基本計画策定業務」にかかる受託事業者を選定するため、公募型プロポーザルを実施し、このたび、選定委員会による審査において、最優秀提案事業者(契約候補者)を決定しました。

1.事業名

 「大阪館(仮称)出展基本計画策定業務」

2.最優秀提案事業者(契約候補者)

■事業者名:博報堂&三菱UFJリサーチ&コンサルティング共同企業体
■評価点:86点(100点満点中) ※うち、価格点9点(提案金額:49,887,181円)

3.審査結果

(1)提案事業者 全4者(申込順)

・株式会社大広
・博報堂&三菱UFJリサーチ&コンサルティング共同企業体
・アクセンチュア株式会社
・株式会社電通関西支社・株式会社電通ライブ共同企業体

(2)提案事業者の評価点(得点順)

順位

評価点

うち、価格提案

価格点

提案金額(円)

1

86点

9点

49,887,181円

2

74点

9点

49,941,856円

3

69点

9点

49,997,200円

4

60点

10点

49,500,000円

4.最優秀提案事業者の選定理由(講評)

 ○基本構想を明確に捉え、レガシーの活用を含め、資金・財務計画についても一歩進んだ提案をしているなど、総じて優れた提案であった。

5.選定委員会委員(50音順、敬称略)

氏名選定理由

奥田 善朗
(日本公認会計士協会 近畿会)                       

会計の専門家として、財務関連の提案内容や提案金額の妥当性、事業者の財務状況について審査

西澤 良記
(公立大学法人大阪 理事長) 

医療分野の専門家であり、「大阪・関西万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」の座長として、懇話会での議論や出展参加基本構想の内容にも精通していることから、提案内容の妥当性や充実度について審査

橋爪 紳也
(大阪府立大学 研究推進機構 特別教授)

都市計画や万博全般に精通し、2025年大阪・関西万博の誘致段階から中心的役割を担い、万博やパビリオンの計画策定・運営等に幅広い見地から、提案内容の妥当性や充実度について審査

このページの作成所属
政策企画部 万博協力室 事業推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 府政運営・市町村 > 政策 > 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)について > 「大阪館(仮称)出展基本計画策定業務」にかかる最優秀提案事業者の選定結果について