サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


目的 「パスポート申請をする」の検索結果

20件中 1〜10件目  1 2 次へ>>
回答:
中学生以下のパスポート申請の場合は、本人を確認する書類として、申請者ご本人の確認書類(健康保険証や乳幼児医療証など)に加え、親権者の運転免許証などを併せてご持参ください。 これらがない場合は、パスポートセンターにお問合せください。 …
回答:
パスポートの申請に際して、申請者ご本人に代わって代理の方が申請書類等を提出することができます。 代理提出する場合は、事前に「一般旅券発給申請書」を入手し、申請書表面の「所持人自署」欄(「写真貼付」欄の下)、「刑罰等関係」欄、申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」の「申請者記入」欄を申請者ご本人が記 …
回答:
【パスポートは、ご本人しか受け取れません。】 パスポートのお渡しに関しては、パスポートの不正取得を未然に防止する上で極めて重要であることから、申請者ご本人へのお渡しが義務付けられております。 ただし、増補は代理の方による受取が可能です。 【受取に必要なもの】 1.一般旅券(パスポート)引換書(申請 …
回答:
パスポートは10年用(えんじ色)と5年用(紺色)の2種類があります。 申請日に満20歳以上の方は、10年用と5年用のどちらかを選択して申請できます。 申請日に満20歳未満の方は、5年用のみ申請できます。 …
回答:
ダウンロード申請書とは、パスポート申請窓口で申請書を記入する時間がなく、あらかじめ自宅で記入したい方などのために、 インターネット上でダウンロードできる申請書です。外務省のホームページよりダウンロードすることができます。 また、ダウンロードできる申請書の種類は以下のとおりです。  ・一般旅券発給申請 …
回答:
パスポートを新しく申請される場合、有効中のパスポートを切替される場合のいずれの場合でも、申請から受取までに6日かかります。(土曜・日曜・祝休日・年末年始を除く。) パスポートの受取には、年齢に関係なく必ず申請者ご本人がお越しください。 小さなお子さまにつきましては、ご家族の方などがお連れください。 …
回答:
最も有効期間の長いパスポートでも発行日から10年で失効しますので、15年以上前に取得したパスポートは既に失効しています。 法的には、パスポートが失効したときには、名義人は都道府県知事又は外務大臣にそのパスポートを返納することになっています。 また、偽変造防止のためにも、失効したパスポートに無効印を押 …
回答:
○新規、切替新規、訂正新規、紛失新規  10年間有効(20歳以上) :16,000円(大阪府手数料2,000円+国手数料14,000円)   5年間有効(12歳以上※):11,000円(大阪府手数料2,000円+国手数料 9,000円)   5年間有効(12歳未満※): 6,000円(大阪府手 …
回答:
概ね次のような書類になりますが、有効なパスポートをお持ちかどうかなど条件によって異なります。 また、各書類ごとに定められた条件や規格もありますので、詳細につきましては、参考リンク記載のホームページをご参照ください。 1:一般旅券発給申請書1通   ※申請日に満20歳以上の方は、10年用と5年用のど …
回答:
ICチップが作動しなくなったとしても、旅券としての効力が失われるわけではありません。IC旅券はICチップの情報と券面に記載された情報を比較して偽変造の有無を確認することができますが、ICチップの情報を見なくても、出入国審査を実施することは可能です。 また、ICチップの情報を読み取れないことのみを理由 …
20件中 1〜10件目  1 2 次へ>>


お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内
ホーム > ピピっとネットトップ > お問合せ集(FAQ) > 目的 「パスポート申請をする」の検索結果

ここまで本文です。