動物用医薬品販売業許可関係

案内番号:0000-0256

手数料の納付方法について

本庁(本館、別館及び咲洲庁舎)の手数料納付窓口では、令和2年12月22日(火)より、現金のほかにキャッシュレス(クレジットカード、電子マネー、スマートフォン決済)によるお支払い方法が可能になります。詳しくは会計局のホームページ(下記参考リンク)をご覧ください。

実施案内

◎薬機法等の一部を改正する法律(令和元年法律第63号)が施行されました。
 これにより関係省令、通知等も改正されています。詳しくは下記参考リンクをご覧ください。
 また上記に伴い、動物用医薬品等販売業の許可に関する事項が改正されました。
 
 令和3年8月1日より一部様式が変更します。 以降に申請もしくは届出を予定の場合は、以下問合せ窓口までご相談ください。
 
 
なお、以下については従来どおりです。
・動物用医薬品の
 卸売販売業(管理者として薬剤師もしくは動物用登録販売者を配置すること) 
 店舗販売業(管理者として薬剤師もしくは動物用登録販売者を配置すること) 
 特例店舗販売業(学歴、資格を問わないが販売品目の制限がある) 
 配置販売業(管理者として薬剤師もしくは動物用登録販売者を配置すること)
 の何れかを営もうとする方は許可申請等が必要です。
 
・卸売販売業・店舗販売業においては、医薬品の適正管理を確保するため、指針及び手順書を作成する必要があります。
  下記のモデルを参考に作成ください。(なお、卸売販売業の斜体文字の部分は、必須要件ではありません)

問合せ窓口

環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ

電話番号 06-6210-9616、06-6210-9618
FAX番号 06-6613-6276
住所 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)23階

参考リンク

参考資料


動物用医薬品販売業 許可更新申請 <卸売・店舗・特例店舗・配置>

申請案内

動物用医薬品販売業を6か年を越えて引き続き営業しようとする方は許可申請が必要です。


○手数料 11,000円

申請に必要なもの

費用が、必要です。

 

○必要書類

・申請書

・現在の許可証

・更新時必要事項記入用紙(店舗・特例店舗のみ)
・紛失理由書(許可証を紛失した場合)

 

<特例店舗販売業>

・販売品目一覧表(現在の許可証にある品目のうち、引き続き許可を受けたい品目を記入)

 *販売指定品目に変更がある場合

(1)追加品目がある場合:「動物用医薬品特例店舗販売指定品目変更(追加指定)申請」参照

(2)廃止品目がある場合:「動物用医薬品店舗販売業許可関係事項変更届出(事後)」参照

して、必要書類を提出してください。

申請書類の配布方法

申請書類の配布方法は、次の通りです。
窓口配布  ダウンロード 

申請書類等

動物用医薬品 卸売販売業 許可更新申請書 (Wordファイル、28KB)
動物用医薬品 店舗販売業 許可更新申請書 (Wordファイル、28KB)
更新時必要事項記入用紙(店舗) (Wordファイル、29KB)
■【卸売・店舗】申請様式一式 (Pdfファイル、313KB)
動物用医薬品 特例店舗販売業 許可更新申請書 (Wordファイル、27KB)
更新時必要事項記入用紙(特例店舗) (Wordファイル、25KB)
販売品目一覧表 (Wordファイル、17KB)
動物用医薬品 配置販売業 許可更新申請書 (Wordファイル、24KB)
■【特例店舗・配置】申請様式一式 (Pdfファイル、317KB)
紛失理由書 (Wordファイル、33KB)

費用の支払方法

手数料納付窓口に申請書を持参し、現金またはクレジットカード、電子マネー、スマートフォン決済により納付

申請の方法

申請方法は、次の通りです。
窓口持参 

申請の時期

申請日は、開庁日(営業日)です。

申請対象者

動物用医薬品販売業の許可の継続を希望する者

事前協議

事前協議は、不要です。

代理申請

代理申請は、可能です。

申請窓口

環境農林水産部  動物愛護畜産課  畜産衛生グループ  

電話番号 06-6210-9616、06-6210-9618
FAX番号 06-6613-6276
住所 〒559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)23階

申請案内のリンク


このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ


ここまで本文です。