茨木亀岡線、茨木摂津線 付替道路事業

更新日:2011年12月27日


平成22年9月25日(土曜日)に府道茨木亀岡線(茨木市安威から車作までの延長5.4km)および茨木摂津線(茨木市車作の延長0.33km)が開通しました。
 この府道は安威川ダムの建設により現道が水没するため、平成5年度の着工からあしかけ18年の歳月をかけ、現道を新道に付替える工事を行ってきました。

 開通に先立って実施しました、「付替道路開通記念ウォーキング」の様子はこちら 

■完成式典の様子

完成式典の様子1完成式典の様子2完成式典の様子3

概要

 府道茨木亀岡線は、大阪府と京都府を結ぶ重要な幹線道路です。また、府道茨木摂津線は、茨木市大字車作と摂津市千里丘を結ぶ主要道路です。
 これらの道路の一部が安威川ダムの建設に伴い将来水没するため、ダムサイト及びダム湖予定地を迂回する付替道路として計画されました。
 また、この道路は途中、国際文化公園都市〔彩都〕内に建設中の(都)茨木箕面丘陵線と新名神高速道路のアクセス道路となる(都)大岩線が接続することから将来計画4車線の重要な道路ですが、ダムの生活再建対策として暫定2車線で整備を行いました。

付替道路全体図

道路諸元

供用道路諸元
 

茨木亀岡線

茨木摂津線

区間

長ヶ橋北 200m から
  車作大橋北 200m

(付替)茨木亀岡線 から
  市道車作本線分岐

延長

5,400m

330m

標準幅員

10.25m から 10.75m
(2車線)
※将来計画は4車線

7.0m から 10.0m
(2車線)

構造物

橋梁9橋
トンネル2箇所

事業年度

平成5年度から平成22年度

平成7年度から平成22年度

事業費

280億円

茨木亀岡線区間別計画諸元
区間延長標準幅員車線構成

〔1〕長ヶ橋北200m から
     (都)茨木箕面丘陵線

2,500m10.75m2車線
(計画4車線)

〔2〕(都)茨木箕面丘陵線 から
     (都)大岩線分岐

300m

〔3〕(都)大岩線分岐 から
     (付替)茨木摂津線

1,100m

〔4〕(付替)茨木摂津線 から
     車作大橋北200m

1,500m10.25m2車線
 

 

 

 

 

 

 

主要構造物諸元(暫定供用時点)

主要構造物諸元(橋梁)
橋梁名橋梁形式長さ標準幅員

 安威北壱橋 【あいきたいちばし】

鋼単純合成桁橋51.0m10.75m

 安威北弐橋 【あいきたにばし】

鋼単純合成桁橋50.3m10.75m

 桑原大橋   【くわのはらおおはし】

PC6径間連続ラーメン箱桁橋450.0m10.5m

 大門寺南橋 【だいもんじみなみばし】

PC単純U型コンポ橋50.5m22.0m

 大門寺北橋 【だいもんじきたばし】

PC単純合成I桁橋33.0m22.5m

 大岩橋    【おおいわばし】

PC3径間連続箱桁橋173.0m10.0m

 車作橋    【くるまつくりばし】

PC2径間連続ラーメン箱桁橋172.0m16.0m

 車作藤谷橋 【くるまつくりふじたにばし】

PC単純中空床版橋12.5m12.5m

 竜仙峡大橋 【りゅうせんきょうおおはし】

RCアーチ橋122.0m10.0m
PC6径間連続中空床版橋132.0m
RCアーチ橋102.0m

主要構造物諸元(トンネル)
トンネル名長さ幅員内空断面積掘削工法

 大門寺トンネル 【だいもんじとんねる】

246.0m
(北行 231.0m、南行 246.0m)
11.25m×276.2m×2NATM工法
(上半先進ベンチカット工法)

 車作トンネル   【くるまつくりとんねる】

676.0m10.75m65.8mNATM工法
(補助ベンチ付全断面工法)

事業の状況

安威北弐橋 付近

画像です。安威北弐橋 付近

桑原大橋

画像です。桑原大橋

大門寺南橋 付近

画像です。大門寺南橋 付近

大門寺トンネル北側 付近

画像です。大門寺トンネル北側 付近

大岩橋

画像です。大岩橋

大岩から車作代替農地 付近

画像です。大岩から車作代替農地 付近

車作橋

画像です。車作橋

竜仙峡大橋

画像です。竜仙峡大橋

茨木摂津線

画像です。茨木摂津線

このページの作成所属
都市整備部 安威川ダム建設事務所 企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市計画・都市整備 > 河川・ダム・砂防 > 事業進捗状況 > 茨木亀岡線、茨木摂津線 付替道路事業