主要地方道 茨木亀岡線 道路拡幅事業

更新日:2014年8月5日

■事業概要

主要地方道茨木亀岡線は、国道171号から京都府亀岡市に至る、府内延長12.1kmの幹線道路であり、山麓地域においては、安威川ダム建設事業(付替道路事業、左岸道路事業を含む)、新名神高速道路や彩都(国際文化公園都市)といった大規模プロジェクトが進められており、今後飛躍的な発展が見込まれる地域です。しかしながら、当整備区間の延長1.9kmは、元の幅員が約10mの狭小な2車線道路で、大型車両の通行が多いにもかかわらず、歩道が整備されていないことから歩行者が安全に通行できない状況でありました。そのため、平成4年から道路拡幅工事を実施し平成26年4月に当区間の整備が完了しました。

位置図横断図

このページの作成所属
都市整備部 安威川ダム建設事務所 建設課

ここまで本文です。


ホーム > 都市計画・都市整備 > 河川・ダム・砂防 > 安威川ダム建設事業とは > 主要地方道 茨木亀岡線 道路拡幅事業