税務局税政課(府民チェックボード)

サブメニューを飛ばして本文へ





ここから本文です。


府民チェックボード

府民チェックボードとは


 大阪府では、それぞれの職場でさまざまな課題や懸案に日頃から取り組んでいます。府民のみなさんにとって、府のこうした取組についてこれまでなかなか知る機会がなかったのではないでしょうか。
 府が課題や懸案にどのように取り組んでいるか、そのプロセスを府民のみなさんにご覧いただけるページをつくりました。

府民チェックボード


  • 【検討終了】平成26年度税務重点目標の策定

  • 税務局では、納税者に信頼される税務行政を推進するとともに、なお一層税収入を確保するため、税務事務を運営するにあたっての基本的な心構えを策定しています。
    平成26年度は次の3点を重点目標として取り組むこととしました。

    <平成26年度 税務重点目標>
    1 税収確保の推進
    2 人材の育成
    3 地方税における府内市町村との連携強化

  • 【検討終了】平成27年度税務重点目標の策定

  • 税務局では、納税者に信頼される税務行政を推進するとともに、なお一層府税収入を確保するため、税務事務を運営するにあたっての基本的な心構えを策定しています。
    平成27年度は次の5点を重点目標として取り組むこととしました。

    <平成27年度 税務重点目標>
    1 税収確保の推進
    2 地方税徴収機構による地方税の徴収推進
    3 個人住民税の特別徴収の推進
    4 次期税務電算システムの安定運用の早期実現
    5 人材の育成


  • 【検討終了】平成28年度税務重点目標の策定

  • 税務局では、納税者に信頼される税務行政を推進するとともに、なお一層府税収入を確保するため、税務事務を運営するにあたっての基本的な心構えを策定しています。
    平成28年度は次の4点を重点目標として取り組むこととしました。

    <平成28年度 税務重点目標>
    1 税収確保の推進
    2 個人住民税の特別徴収の徹底
    3 人材の育成
    4 宿泊税の円滑な導入


  • 平成29年度税務重点目標の策定

  • 税務局では、納税者に信頼される税務行政を推進するとともに、なお一層府税収入を確保するため、税務事務を運営するにあたっての基本的な心構えを策定しています。
    平成29年度は次の3点を重点目標として取り組むこととしました。

    <平成29年度 税務重点目標>
    1 税収確保の推進
    2 市町村等との連携事業の促進
    3 人材の育成

  • 【検討終了】平成23年度税務重点目標等の策定

  • 税務室、府税事務所及び大阪自動車税事務所の税務組織が一体となって業務を推進するため、平成23年度における税務重点目標、税収確保推進計画、人材育成方針及び広報実施計画を策定する。
  • 【検討終了】平成23年度 債権回収・整理計画の策定 

  • 債権管理の強化の取り組みとして、債権の回収・整理を総合的かつ計画的に推進するため、「大阪府債権の回収及び整理に関する条例」に基づき、府全体の滞納債権を債権の種類ごとに回収対象債権と整理対象債権に仕分けを行い、それぞれの処理目標を定めた「平成23年度債権回収・整理計画」を策定します。
  • 【検討終了】法人府民税均等割の超過課税について

  •   大阪府では、大阪産業の再生に向けた緊急かつ重要な課題に対処するため、資本金等の額1千万円超の法人に対して、法人府民税の均等割について、標準税率の2倍(資本金等の額が1億円以下の法人は1.5倍)の超過課税を行っています。

      この適用期限が平成25年3月31日までで終了することに伴い、超過課税の延長または廃止について検討します。

  • 【検討終了】平成24年度税務重点目標等の策定

  • 税務室では納税者に信頼される税務行政を推進するとともに、なお一層税収入を確保するため、税務事務を運営するにあたっての基本的な心構えを策定しています。
    平成24年度は次の3点を重点目標として取り組むこととしました。

    <平成24年度 税務重点目標>
    1.税収確保の更なる推進
    2.新たな税務執行体制への円滑な移行
    3.府税・市税業務の連携

  • 【検討終了】平成25年度税務重点目標等の策定

  • 税務局では、納税者に信頼される税務行政を推進するとともに、なお一層税収入を確保するため、税務事務を運営するにあたっての基本的な心構えを策定しています。
    平成25年度は次の3点を重点目標として取り組むこととしました。

    <平成25年度 税務重点目標>
    1 税収確保の推進
    2 新たな税務執行体制における税務事務運営の推進
    3 地方税における府内市町村との連携強化

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(税務局対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、税務局税政課が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(中央府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、中央府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(なにわ北府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、なにわ北府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(なにわ南府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、なにわ南府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(三島府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、三島府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(豊能府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、豊能府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(泉北府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、泉北府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(泉南府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、泉南府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(南河内府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、南河内府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(中河内府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、中河内府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(北河内府税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、北河内府税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

  • 職員団体等との交渉・予備交渉(大阪自動車税事務所対応分)

  •  職員団体等(職員団体、労働組合またはこれらの連合体)との間で行われた交渉(本交渉または事務折衝)及び予備交渉のうち、大阪自動車税事務所が対応したものについて、その内容を公表します。

ここまで本文です。