平成30年度たばこ税手持品課税について(紙巻たばこ三級品)

更新日:平成30年4月1日

平成30年度たばこ税手持品課税の概要

 たばこ税関係法令の改正により、紙巻たばこ三級品に係るたばこ税及びたばこ特別税並びに道府県たばこ税及び市町村たばこ税(以下、これらを総称して「たばこ税」といいます。)の特例税率が廃止され、紙巻たばこ三級品に係るたばこ税の税率が引き上げられます。

 期間

 税率(1,000本当たり)

たばこ税

たばこ
特別税

道府県
たばこ税

市町村
たばこ税

合計

平成30年4月1日から
平成31年9月30日まで

 4,032円

 624円

 656円

4,000円

9,312円

 平成30年4月1日の午前0時現在において、たばこの販売業者(小売販売業者及び卸売販売業者)の方が、店舗(営業所)、倉庫、居宅等で合計5,000本以上の紙巻たばこ三級品を販売のために所持している場合には、その所持する紙巻たばこ三級品について、税率の引上げ分に相当するたばこ税が課税されます。(このことを「手持品課税」といいます。)

1 申告書の提出期限及び提出先

  申告書の提出期限は、平成30年5月1日火曜日です。
 提出期限を過ぎて申告しますと、加算税又は加算金が課される場合がありますので、期限内に申告されますよう、十分ご注意ください。

 また、申告書は、営業所又は貯蔵場所の所轄税務署において一括して受け付けますので、都道府県や市町村に別途提出していただく必要はありません。

2 税金の納付期限

  たばこ税の納付期限は、平成30年10月1日月曜日です。
 
申告書の提出期限から納期限までに約5か月間ありますので、納期限をお忘れにならないようご注意ください。

3 手持品課税を行う理由

 たばこ税及びたばこ特別税は、たばこの製造場から製造たばこが出荷された時に、また、道府県たばこ税及び市町村たばこ税は、卸売販売業者等が小売販売業者に製造たばこを売り渡した時に課される税であることから、税率改正前に出荷又は売り渡しが行われている場合には、引上げ前の税率で課税されていることになります。
 したがって、たばこ税の税率の引上げが行われる際には、既に製造場から出荷又は売り渡され流通段階にある紙巻たばこ三級品に対して税率の引上げ分に相当する課税(手持品課税)を行い、税率改正後に製造場から出荷又は売り渡される紙巻たばこ三級品と同一の税負担を求めることとされています。

4 手持品課税の対象となる紙巻たばこ三級品の銘柄

 わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレットの6銘柄です。
 ※ウルマ及びバイオレットについては、主に沖縄で販売しています。


  たばこ税及び手持品課税の詳細につきましては、下記ホームページをご参照ください。

 府たばこ税の概要についてはこちら

 手持品課税についてはこちら(国税庁ホームページ)(外部サイト)

このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 軽油諸税グループ

ここまで本文です。