自動車税(環境性能割)

更新日:令和3年4月1日

納める人 / 納める額 /  自動車税(環境性能割)のQ&A

/問い合わせ先

■納める人

 自動車を取得した人が納めます。ただし、特殊自動車(ロード・ローラー、ブルドーザーなど)と二輪車にはかかりません。
 なお、自動車の売買において、売主がその所有権を留保しているとき(割賦販売の場合)は、当該自動車の買主が取得者とみなされ、買主が納めます。


■納める額

 
自動車の取得価額(課税標準額) × 税率 = 税額

○ 自動車の取得価額

 自動車を取得するためにその対価として支払うべき金額で、自動車に付加して一体となっている物(例えば、ラジオ、ステレオ、エアコンなど)の価額は含まれますが、スペアタイヤ、シートカバー、マット、標準工具などの付属物の価額は含まれません。
 ただし、無償で取得した場合や縁故者から格安で買った場合などは、通常の取引価額が取得価額となります。
 なお、自動車の取得価額が50万円以下の場合は、免税となります。

○ 税率
 環境性能割の税率は、燃費基準値達成度等に応じて決定されます。
 詳しくは、「自動車税(種別割) 税額表」のページの「自動車税・軽自動車税(環境性能割)の税率表」及び「自動車税(環境性能割)に係る特例措置」をご覧ください。

 ・ 営業用登録車     非課税、0.5%、1%、2%
 ・ 自家用登録車     非課税、1%、2%、3%
 ・ 営業用軽自動車    非課税、0.5、1%、2%
 ・ 自家用軽自動車    非課税、1%、2%

■被災した自動車の軽減措置について

 災害により被災した自動車に代わる自動車を取得する場合、自動車税(環境性能割)の軽減措置があります。
 詳しくはこちらをご覧ください。

問い合わせ先

 お住まいの住所地(所在地)を管轄している大阪自動車税事務所各分室へお問合せください。 


大阪府では、障がいのある方々で一定の要件に該当する場合について、自動車税(環境性能割・種別割)の減免を実施しています。

自動車税(環境性能割・種別割)の減免のしおり 



豆知識 (市町村への交付/自動車税(環境性能割))

 府に納められた自動車税(環境性能割)の 47 %相当額は、市町村道の延長等に応じて府内の各市町村に交付されます。
 さらに、指定市【大阪市、堺市】に対しては、28.5 %相当額に府内の国・府道に占める指定市内の国・府道の延長等の割合を乗じて得た額が、加算して交付されます。


このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 自動車税グループ

ここまで本文です。