自動車税の納税確認の電子化

更新日:平成27年10月20日

平成27年10月13日(火曜日)から納税確認の電子化がスタートしました!
<納税証明書の提示が省略できるようになりました>

平成27年10月13日(火曜日)から大阪府と運輸支局との間で電子的に自動車税の納税情報を確認する仕組みが構築されました。
これにより、車検を受ける際に自動車税の納税証明書(継続検査用)の提示を省略することができます。

※ 納税確認の電子化による申請の流れ等、詳細についてはこちらのチラシ [Excelファイル/17KB]をご覧ください。

留意事項

○ 自動車税に未納があると、これまでどおり車検を受けることはできません。
○ 運輸支局への納税情報の提供は納税後10日程度かかります。納税後すぐに車検を受ける場合には、運輸支局で電子的に納税確認ができませんので、これまでどおり府が発行する納税証明書を提示してください。
○ 納税確認の電子化にあたって大阪府から運輸支局へ提示する情報は、(1)自動車登録番号、(2)車台番号(16桁のうち下4桁に限る)、(3)自動車税の納税状況(完納又は未納かどうか)です。住所、氏名、税額等の個人情報は提供いたしません。
  なお、運輸支局への納税情報の提供を希望されない場合は、書面による申出(様式はこちら [PDFファイル/64KB]です。)により、情報の提供を中止し、電子確認ができないように対応します。
  また、情報提供の中止を申出された方で、その申出を取り消したい方はこちら [PDFファイル/53KB]の書面を提出してください。書面の提出先は、大阪自動車税事務所(〒543-8511 大阪市天王寺区伶人町2−7)です。

問い合わせ先

お電話での問い合わせは、自動車税コールセンター(0570−020156)までお願いします。

このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 納税グループ

ここまで本文です。